AR# 8949

3.1i インストール: インストールが中断したときのデバッグ方法

説明

キーワード: 3.1i, install, error, debug, security, java, インストール, エラー, デバッグ, セキュリティ

重要度 : 重要

概要: 3.1i がインストールできません。

ソリューション

1

Windows OS

1) TMP 変数が有効なロケーションを指すように設定され、容量が十分にあることを確認します。

2) インストール前に別のアプリケーションが立ち上がっていたら、 すべて閉じ、もう一度インストールを始めてください。

3) 警告またはエラー メッセージが表示されていますか? 問題がまだある場合は、表示されている警告またはエラー メッセージを使用して、同様のアンサーを検索してください。

2

Solaris

Solaris にブラウザを使用してインストールすると、問題が発生します。このため、Xilinx ではブラウザ ベースのインストールを今後のバージョンで別のベースに変更する予定です。それまでは、次の基本的なデバッグ情報を参照してください。

1) Netscape をスタンドアロンで実行します。Netscape が /opt/netscape ディレクトリにインストールされている場合、/opt/netscape/netscape を実行します。Netscape のバージョンは、[Help] → [About Communicator] から確認できます。

2) Netscape 4.7 がインストールされていれば、-b オプションを使用してインストールを開始します(Netscape が /usr/local/bin/communicator 以外にインストールされている場合)。Netscape のバージョンが古い場合は、ソリューション 3 を参照するか、CD-ROM から Netscape をインストールします。

この例の場合、コマンド ラインは setup -b /opt/netscape/netscape になります。-b オプションの詳細は ザイリンクス アンサー #9376 (Xilinx Solution 9376) を参照してください。

3) 次にインストーラで実際に使用されているブラウザを確認します。インストールの最初の画面で、[Help] → [About Communicator] をクリックしてください。表示されている Netscape が指定したバージョンと異なる場合、-b オプションを正しく使用しているか確認してください。

4) JAVA のコンソール ウィンドウが正しく表示されていなければ、インストールの最初の画面で、[Communicator] → [Tools] →[JAVA Console] をクリックします。

はい - JAVA コンソール ウィンドウが正しく表示されます。

A) インストールを続けます。JAVA コンソール ウィンドウでインストール中に問題が発生していないか確認します。
B) さらにインストールを進めて、[Welcome] 画面の URL に JAVA スクリプトで入力します。表示されたメッセージと JAVA コンソール ウィンドウを記録しておきます。
C) エラーが発生した場合、エラー メッセージからアンサーを検索します。

いいえ - JAVA コンソールが起動しません。

まず、スタンドアロンの Netscape から JAVA コンソールが起動されたかどうかを確認してください。スタンドアロンの Netscape ではなかった場合、Netscape のコンフィギュレーションに問題があります。この場合、環境設定またはパスの設定が正しくないことが原因かもしれません。CLASSPATH 変数が設定されている場合は、設定を解除してください。

3

Solaris (続き)
前述の方法でうまくいかない、またはブラウザ ベース以外のインストール方法が知りたい場合は、緊急パッチをご利用ください。詳細については、ザイリンクス アンサー 8214 (Xilinx Solution 8214)を参照してください。
AR# 8949
日付 09/17/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般