AR# 8988

3.1i ECS: ジェネリック属性を回路図 ソースに追加する方法について

説明

キーワード: Generic, Generic Map, Attributes, VHDL, ERROR: (VHP__0337), ジェネリック, ジェネリック マップ, 属性

重要度 : 標準

概要: 次のようなエラー メッセージが表示されます。

Number of ports in component <xyz> and associated entity does not match. Component <xyz> was not bounded to architecture <xyz>(<rtl>). Local configuration required.

この場合、次のケースが考えられます。

回路図デザインがインスタンシエートされた VHDL シンボルを含み、VHDL マクロにジェネリック ポートが含まれる場合、関連シンボルにジェネリック属性を含める必要があります。

ソリューション

ECS シンボルに属性を追加する手順は次のとおりです。

1. 回路図を開きます。

2. [Edit] → [Attribute] → [Symbol Attribute] をクリックします。または Ctrl + A を押します。Symbol Editor が開きます。

3. 属性をクリックします。

4. [List All Attributes] チェック ボックスをオンにします。シンボルのすべての属性が Symbol Attribute Editor で表示されます。

5. VHDLGeneric1 をクリックします。編集ボックスに <ポート名> => <値> を入力します。
例: N => 5

Return キーを押します。値の一覧が表示されます。この値はコンポーネントのインスタンシエーションでの VHDL ネットリストに表示されます。

6. Symbol Attribute Editor を閉じます。

7. [Edit] → [Symbol] をクリックします。シンボルをクリックします。Symbol Editor で指定の信号が開きます。

8. Symbol Editor で [Edit] → [Attribute] → [Symbol Attribute] をクリックします。[Symbol Attributes] ダイアログ ボックスが開きます。

9. VHDLGeneric1 をクリックします。編集ボックスに <ポート名> => <タイプ> を入力します。
例: N : 整数

Return キーを押します。値の一覧が表示されます。この値はコンポーネント宣言の VHDL ネットリストに表示されます。

10. [Symbol Attributes] ダイアログ ボックスを閉じます。シンボルを保存し、Symbol Editor を終了します。
AR# 8988
日付 01/08/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般