UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 9030

EXEMPLAR: HDL コードまたはコマンド ラインで Xilinx 特有の属性を使用する方法

説明

キーワード: attribute, leonardo, spectrum, tcl, script,, 属性, スクリプト

重要度 : 標準

概要:
LeonardoSpectrum は属性および最適化の変数の両方をサポートしています。属性は VHDL または Verilog コードで設定できます。また LeonardoSpectrum コマンド ライン で set_attribute を指定して設定できます。

属性は、インスタンス、ネット、ポートなどプロパティを持ったネットリスト オブジェクトを追加します。
一部の属性の設定にはショートカット コマンドを使用できます。たとえば arrival_time コマンドは、実際には「set_attribute -name arrival time」を設定します。

詳細については、LeonardoSpectrum の『Technology Guide』 (英語版) を参照してください。これは Leonardo のインストール ディレクトリに PDF 形式のファイルとして納められています。このファイルを表示するには、[Help] → [view user manuals] → [Technology Guide] をクリックします。

すべての変数は、コマンド ラインで「help -var」と入力するか、または [Tools] メニューから [Variable Editor] をクリックしエディタを開いて表示できます。属性の一覧は、ユーザー マニュアルを参照してください。

ソリューション

Xilinx 特有の属性は次のとおりです。

BUFGDLL セルをクロック ポートに割り当てる場合
> [PAD clk BUFGDLL]
または
> set_attribute clk -name PAD -value BUFGDLL -port

単一のレジスタを IOB に割り当てる場合
> set_attribute reg_state(4) -instance -name IOB -value TRUE

最大ファンアウトをネットに設定する場合
> set_attribute -net sensor2_int -name max_fanout -value 3

インスタンスのブロック RAM 推測を制御する場合
> set_attribute -instance .work.u2 -name block_ram -value FALSE

クロック バッファを内部ネットに取り入れる場合
> set_attribute -net sensor2_int -name max_fanout -value 3

次はデフォルト値を使用した Xilinx 特有の最適化変数の一部です。変数を変更するには、set コマンドを使用し、「set lut_max_fanout 6」のように指定します。これらの変数は最適化中、デザイン全体に反映されます。

virtex_infer_gsr = FALSE -- Xilinx Virtex ファミリの GSR プロセスを使用できるように指定します。
virtex_map_iob_registers = FALSE -- Virtex に IOB レジスタをマップします。
virtex_map_srl = TRUE -- SRL セルにマップします。
virtex_map_srl_pack = TRUE -- SRL セルを単一のスライスにパックします。
virtex_map_wide_clusters = TRUE -- ワイドを Virtex にマップします。
map_muxcy = TRUE -- MUXCY をXilinx Virtex および Virtex-E にマップします。
lut_max_fanout = 15 -- ネットのファンアウトを LUT テクノロジに (Xilinx) 指定します。
write_clb_packing = FALSE -- CLB パック (HBLKNM) 情報を XNF/EDIF にコピーします。
virtex_map_iob_registers = FALSE -- Virtex に IOB レジスタをマップします。
bubble_tristates = FALSE -- 最適化中、トライステートをすべてのデバイスが表示される階層レベルに自動反転するか、またはバウンダリ ステートの場合は最上位レベルに自動反転します。
AR# 9030
日付 04/24/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般