AR# 9048

Virtex/-E/-II/-II Pro/-4/-5/-6、Spartan-II/-IIE/-3/-3A/-3AN/-6 - クランプ ダイオードがないピン

説明

クランプ ダイオードが I/O 規格に基づいてイネーブルになる場合、どのピンにクランプ ダイオードがないのでしょうか。JTAG ピンにクランプ ダイオードはありますか。

ソリューション

Virtex および Spartan-II

すべての I/O 規格には I/O パッドとグランドの間に内部ダイオードがあり、アンダーシュートは -1V よりも大きな値に制限されます。LVCMOS 2.5V、LVTTL、および PCI 5V 規格の入力および出力はすべて 5V トレラントで、プルアップ クランプはイネーブルになっていません。コンフィギュレーション ピンはデフォルトで LVTTL に設定されているため、プルダウン クランプ ダイオードだけがイネーブルになっています。

Virtex-E および Spartan-IIE

これらのデバイスでは、I/O パッドと VCCO との間にプルアップ クランプ ダイオードがあり、デバイスは 5V トレラントになり、オーバーシュートを低減します。クランプ ダイオードは、LVDS、LVPECL、GTL、GTL+、LVCMOS1.8/2.5 を除いた、すべての I/O 規格 (すべてのコンフィギュレーション ピンを含む) で使用可能です。

Virtex-II Pro のみ

Virtex-II Pro の場合、すべての JTAG ピンにクランプ ダイオードはなく、TDO はオープン ドレインになっています。詳細は、アプリケーション ノート『Virtex-II Pro/Virtex-II Pro X 3.3V I/O Design Guidelines 』 (XAPP659) を参照してください。

Virtex-II/-II Pro/-4/-5/-6 および Spartan-3

これらのデバイスでは、次のピンにプルアップおよびプルダウン クランプ ダイオードがあります。

  • JTAG ピン (Virtex-II Pro を除く)
  • GCK0、GCK1、GCK2、GCK3
  • M0、M1、M2
  • CCLK
  • DONE
  • PROGRAM
  • TDI、TDO、TMS、TCK
  • DXN、DXP (温度感知ダイオード ピン)

注記 : VCCINT、VCCO、および GND には保護回路がありますが、これは明示的には、Vcco および GND へのダイオードの役割を果たさない可能性があります。

Spartan -3A/-3AN/-6

これらのデバイスには、プルアップ ダイオード クランプはなく、代わりに、フローティングの n-well が使用されています。詳細は、アプリケーション ノート『Virtex-II Pro/Virtex-II Pro X 3.3V I/O Design Guidelines 』 (XAPP659) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
51834 SelectIO デザイン アシスタント - 信頼性および I/O を過度に駆動するケース N/A N/A
AR# 9048
日付 03/11/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略