AR# 9132

3.1i MAP: バックアノテートされたタイミング シミュレーションで入力が 0 ではなく 1 に不正に初期化される

説明

キーワード: simulation, init, initialize, accumulator, adder, subtractor, subtracter, register, シミュレーション, 初期化, アキュムレータ, 加算器, 減算器, レジスタ

重要度: 重要

概要:
Virtex デザインの GND で駆動される I/O ピンが 0 ではなく 1 に不正に初期化されてしまいます。

3.1i MAP のエラーによるもので、その結果不正な NGM ファイルが作成されます。バックアノテートされたタイミング シミュレーションのネットリストを生成中に NGM ファイルが NGDAnno の入力として読み込まれると、ネットリストに入力が 0 の代わりに 1 で駆動されるインスタンスが含まれる場合があります。

これは、バッファとしてコンフィギュレーションされている Virtex または Virtex-II LUT に GND で駆動される最下位 LUT 入力ピン I/O があるためです。GND 接続はユーザーによって指定されているか、ユーザー指定の INIT 値に対応した CORE Generator のコアの EDIF ネットリストで既にコンフィギュレーションされている場合があります。

この問題は、Virtex アキュムレータ、加算器、減算器、および FD ベースのレジスタで発生します。

ソリューション

NGDAnno の実行中 NGM ファイルを除外しこのエラーを回避してください。

デザインを Design Manager からプロセスする場合は、[シミュレーション データを入力デザインに対応] チェック ボックスをオフにしてください。
AR# 9132
日付 12/07/2004
ステータス アーカイブ
種類 一般