UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9155

Virtex コンフィギュレーション - 電源投入シーケンスが原因でコンフィギュレーションでエラーが発生する

説明

キーワード : Spartan-II, Virtex-E, sequence, program, シーケンス, プログラム

重要度 : 標準

概要 :
ボードを初めて立ち上げると、マスタ シリアル モードのコンフィギュレーションで何度もエラーが発生します。 DONE が High にならず、INIT が Low にならず、CCLK が動作し続けます。

これは、エラーが発生していないことを表しているようですが、コンフィギュレーションは終了しません。 さらに、コア電圧 (VCCINT) と I/O 電圧 (VCCIO) を別々に立ち上げても、同じエラーが発生します。

いずれの場合にも、プログラム ピン (PROG) を切り替えただけで、デバイスがプログラムし直され、コンフィギュレーションが問題なく終了します。 これは、電源投入シーケンスの問題ですか。

ソリューション

1

これは、Virtex/-E デバイスの問題ではなく、PROM の電源投入時リセットに必要なリセット時間に問題があります。 Virtex アーキテクチャは、ザイリンクス PROM を含むほかのどのデバイス ファミリよりも速くスタートします。 PROM は、内部レジスタをクリアするのに十分な時間がなく、ロケーション 0 でスタートしてしまうため、Virtex デバイスは SYNC ワードを処理できず、コンフィギュレーションできません。 これがエラーの原因かどうかを決定するには、スコープで CCLK の周波数を確認してください。 Virtex で SYNC ワードが処理されず、それに続いて CCLK が High にならなかった場合、周波数は約 2MHz になります。うまく処理された場合、周波数は 4MHz (または bitgen -g の設定に使用された周波数) になります。 SYNC ワードについては、(Xilinx Answer 7891) を参照してください。

電源投入がいったん動作値になり、ボードが PROG ピンを介してリセットされると、デバイスがコンフィギュレーションされます (電源投入時リセットが既に終了しているため)。

もうひとつの回避策としては、INIT/OE レジスタを約 10,000 オームに上げ、10uF キャパシタンスを INIT/OE からグランドに追加します。 これにより、INIT の上昇時間が長くなり、PROM の電源投入時リセットを終了するのに十分な時間が与えられます。

メモ : このソリューションは、ザイリンクス Platform Flash PROM、XC18V00 PROM、XC17V00 PROM には適用されません。 これらのファミリは、電源投入時リセットが終了するまでリセット ステートを独自で維持できます。

2

ボードの電源が入っていないか、電源スイッチを切ってすぐに入れ直したときに、PROM が POR (電源投入時リセット) の作動値以下にならなかった可能性があります。 詳細は、(Xilinx Answer 14444) を参照してください。
AR# 9155
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般