UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9163

4.2i Foundation - サードパーティ ツールで使用するための Foundation シミュレータからの出力データの抽出方法

説明

キーワード : Simulation, plot, Foundation, logic, simulator, MathCAD, シミュレーション, ロジック, シミュレータ, データ抽出

重要度 : 標準

概要 :
Foundation シミュレーションを実行するとき、ファイルに出力データを抽出し、MathCAD などのサードパーティ ツールでそのデータを使用できれば、データの分析がしやすくなります。 (DSP デザインで FIR フィルタ応答を使用する場合など)

Foundation のシミュレーションの出力データを抽出方法を教えてください。

ソリューション

Foundation シミュレーションからのデータを抽出するには、スクリプト エディタで watch および print コマンドを使用します。 watch コマンドは、確認したい信号を指定し、print コマンドは、確認された波形のデータをファイルに出力します。 また、vector コマンドを使用し、バスのベクタを作成したり、radix コマンドで表示を 16 進数に設定することもできます。

これらのコマンドの構文は、スクリプト エディタの SIM Macro Assistant で確認できます。

- スクリプト エディタを開き、[Tools] → [Macro Assistant] をクリックします。

- [Complete script file examples] で、サンプルのスクリプト ファイルをクリックします。 これで、スクリプト コマンドすべての構文とその機能が表示されます。
AR# 9163
作成日 04/27/2000
最終更新日 08/12/2003
ステータス アーカイブ
タイプ 一般