UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9382

3.1i CPLD ChipViewer - 環境スペースが足りないため ChipViewer が起動しない

説明

キーワード : 3.1i, ChipViewer, start, 起動

重要度 : 標準

概要 :
Windows 98 を特にラップトップ コンピュータなどで使用している場合、ChipViewer が正しく起動しないことがあります。 ChipViewer アイコンをクリックして、プログラムを起動させようとしても起動しません。 これは DOS 環境スペースが不足しているために発生する問題です。

ソリューション

1

この問題は、最新版の 3.1i サービス パックで修正されています。 サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この問題は 3.1i サービス パック 4 で修正済みです。

2

サービス パックを入手できない場合、MS-DOS プログラムの環境を変更して、この問題を回避できます。

Windows で実行するすべての MS-DOS プログラムのデフォルト環境スペースを増やすには、config.sys ファイルのシェル コマンドを編集します。 編集は、次の手順に従って行います。

- [スタート] → [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「sysedit」と入力します。

config.sys ファイルをクリックし、新しいシェル コマンドを入力するか、または既存のシェル コマンドを次の行に書き換えます。

SHELL=<path>\COMMAND.COM /E:4096 /P

<path> にはドライブを示すアルファベットと command.com のパスを入力します。

この問題は、3.1i のサービス パック 4 で修正されています。
AR# 9382
作成日 05/30/2000
最終更新日 08/21/2002
ステータス アーカイブ
タイプ 一般