UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9406

EXEMPLAR - 「ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : NGDBuild, Leonardo, XBLKNM, EDIF, placement, 配置

重要度 : 標準

概要 :
次のエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints."

ソリューション

1

LeonardoSpectrum で作成した XBLKNM プロパティを使用した SRL16 を含む階層 EDIF ファイルを NGDBuild でフラットにすると、この XBLKNM プロパティには、インスタンス ラベルを値に追加するといった操作がまったく行われません。 さらに、配置プログラムでひとつのスライスに物理的に不可能な数の SRL16 が配置されるので、上述のようなエラーが発生します。

この問題を回避するには、LeonardoSpectrum で階層を保持しないようにします。

2

次に示すのは、LeonardoSpectrum のレベル 3 TCL スクリプトで、これを使用して XBLKNM が EDIF ファイルから削除されるようにします。 このスクリプトは、EDIF ファイルを出力する前でなく、最適化の後に実行します。

==== Cut here ====

foreach sheet [dfs] {
foreach cell [list_design $sheet] {
foreach attr [list_attributes $cell] {
set tmp_attr [string toupper [lindex $attr 0]]
if {[string compare $tmp_attr XBLKNM] == 0} {
puts "Removing $tmp_attr property from $cell"
remove_attribute $cell -name XBLKNM
}
}
}
}

==== Cut here ====

これは、この問題を解決するための応急処置であり、 XBLKNM プロパティを EDIF ファイルに保持することが、配置配線に大いに役立つことには変わりありません。
AR# 9406
作成日 08/31/2007
最終更新日 10/01/2008
ステータス アーカイブ
タイプ 一般