AR# 9406

EXEMPLAR - 「ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : NGDBuild, Leonardo, XBLKNM, EDIF, placement, 配置

重要度 : 標準

概要 :
次のエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:Pack:679 - Unable to obey design constraints."

ソリューション

1

LeonardoSpectrum で作成した XBLKNM プロパティを使用した SRL16 を含む階層 EDIF ファイルを NGDBuild でフラットにすると、この XBLKNM プロパティには、インスタンス ラベルを値に追加するといった操作がまったく行われません。 さらに、配置プログラムでひとつのスライスに物理的に不可能な数の SRL16 が配置されるので、上述のようなエラーが発生します。

この問題を回避するには、LeonardoSpectrum で階層を保持しないようにします。

2

次に示すのは、LeonardoSpectrum のレベル 3 TCL スクリプトで、これを使用して XBLKNM が EDIF ファイルから削除されるようにします。 このスクリプトは、EDIF ファイルを出力する前でなく、最適化の後に実行します。

==== Cut here ====

foreach sheet [dfs] {
foreach cell [list_design $sheet] {
foreach attr [list_attributes $cell] {
set tmp_attr [string toupper [lindex $attr 0]]
if {[string compare $tmp_attr XBLKNM] == 0} {
puts "Removing $tmp_attr property from $cell"
remove_attribute $cell -name XBLKNM
}
}
}
}

==== Cut here ====

これは、この問題を解決するための応急処置であり、 XBLKNM プロパティを EDIF ファイルに保持することが、配置配線に大いに役立つことには変わりありません。
AR# 9406
日付 10/01/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般