AR# 9413

12.1 タイミング クロージャ - I/O トライステート イネーブル パスについて

説明

パスにタイミング制約を設定しましたが、制約にエラーが発生します。タイミング制約をパスするためにはどうすればよいでしょうか。

ソリューション

IOB にトライステートのフリップフロップを使用します。各 IOB に別々のフリップフロップを使用する必要があります。IOB にフリップフロップを配置するには UCF で "IOB=TRUE" 制約を使用します。

UCF の例

INST flip_flop1 IOB=TRUE;

その他の提案および推奨案については、次のアンサー レコードを参照してください。

- ファンアウトの多い信号を避けるには、(ザイリンクス アンサー 9410) を参照してください。

- ステート マシンの最適化については、(ザイリンクス アンサー 9411) を参照してください。

- ロング キャリー ロジック チェーンについては、(ザイリンクス アンサー 9412) を参照してください。

- TBUF を通るパスについては、(ザイリンクス アンサー 9414) を参照してください。

- RESET または ".SR" ピンのような関連のないパスを通るタイミングについては、(ザイリンクス アンサー 9415) を参照してください。

- ".CE" ピンを通るパスのような、マルチサイクル パスを使用する方法については、(ザイリンクス アンサー 9416) を参照してください。

- ロジックのレベル数が多くなりすぎないようにするには、(ザイリンクス アンサー 9417) を参照してください。

- 目標を 5% ~ 10% 満たさないタイミング制約については、(ザイリンクス アンサー 9418) を参照してください。

- 目標を 10% ~ 15% 満たさないタイミング制約については、(ザイリンクス アンサー 9419) を参照してください。

AR# 9413
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略