UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9416

12.1 タイミング クロージャ - .CE ピンを通過するパスなどマルチ サイクル パスの使用について

説明


PERIOD 制約が付いているパスがありますが、タイミング要件を満たしていません。このパスがすべてのクロック サイクルで有効である必要はありません。

エラーを避けるためには、このパスにどのように制約を設定すればよいですか。

ソリューション


デザインで有効になるのに数クロック サイクルかかるパスは、マルチ サイクル パスと呼ばれます。このタイプのパスは通常デフォルトで PERIOD 制約が設定されていますが、PERIOD 制約は 1 サイクルの制約なのでエラーが発生することがあります。

エラーをなくすには、そのパスにマルチ サイクル制約を設定し PERIOD 制約からパスを削除します。マルチ サイクル制約には FROM:TO 制約を適用します。FROM:TO 制約は PERIOD 制約よりも優先度が高く、PERIOD 制約から指定パスが削除され FROM:TO 制約が適用されます。

構文例 :

NET ''clk'' TNM_NET = ''clk'';
TIMESPEC TS_clk = PERIOD clk 10 ns;
INST ''source_inst_name'' TNM = ''source_group'';
INST ''destination_inst_name'' TNM = ''destination_group'';
TIMESPEC TS_01 = FROM ''source_group'' TO ''destination_group'' TS_clk*3;

TS_01 タイムスペック制約には、3 クロック サイクルごとにのみ有効になる特定パスが含まれます。TS_01 の FROM:TO は TS_clk タイムスペック の 3 倍 (つまり 3 クロック サイクルまたは 30 ns) に制約されます。

FROM:TO 制約の詳細は『制約ガイド』を参照してください。
http://toolbox.xilinx.com/docsan/xilinx5/data/docs/cgd/cgd0092_15.html

その他の提案および推奨案については、次のアンサー レコードを参照してください。
AR# 9416
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • Less