AR# 9429

3.1i Virtex-E BitGen - DLL の入力クロックとフィードバック パスの差異が 0.3ns より大きい

説明

キーワード : DLL, Feedback, FB, Path, IOB, delay, difference, フィードバック, パス, 遅延, 差異

重要度 : 重要

概要 :
クロック DLL でグローバル クロック入力とフィードバック ピンをプローブすると、2 つの信号間で差異が 0.3 ns より大きくなります。

ソリューション

この問題は、Virtex-E BitGen の論理式が原因で発生します。 信号が DLLIOB の DLLFB ピンから DLL の CLKFB ピンに直接送られた場合、BitGen は DLL のフィードバック接続がオフチップではなく、オンチップであると認識します。 これによって、約 250ps という不正なクロック スキュー調整が行われます。

最新版 3.1i サービス パックをインストールしてください。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、3.1i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 9429
日付 11/09/2004
ステータス アーカイブ
種類 一般