UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9431

3.1i BitGen - 「ERROR: 145 - Pin ... is a persistent pin, but a component ...」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : bitgen, persistent, readback, reconfiguration, component, pin, error, 継続, リードバック, 再コンフィギュレーション, コンポーネント, ピン, エラー

重要度 : 重要

概要 :
リードバックのみを無効にする BitGen を実行した場合、リードバック ピンで継続的にエラーが発生します。
リードバックと再コンフィギュレーションの両方を無効にすると、エラーは発生しません。

このビヘイビアは 2.1i とは異なります。

ソリューション

3.1i サービス パック 2 以降で、継続オプションは bitgen.ut ファイルに含まれません。 このため、エラーは発生しませんが、SelectMAP ピンは保持されません。

SelectMAP ピンを保持する場合、次の方法で行います。

1. Template Manager を使用して、BitGen ランタイムに -g Persist:Yes を追加します。

2. 環境変数を XIL_GUI_SELECTMAP = 1 と設定します。 これにより、サービス パック 2 に継続オプションがインプリメントされているため、デフォルトのビヘイビアが変更されて、継続オプションが含まれます。 つまり、Design Manager のコンフィギュレーション テンプレートで [リードバックを使用しない] または [リードバックおよび再コンフィギュレーションを使用] が選択されていると、Persist:Yes が設定されます。

最新版の 3.1i サービス パックは、次のサイトでダウンロードできます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates/
この修正は、3.1i サービス パック 2 以降に含まれます。
AR# 9431
作成日 08/31/2007
最終更新日 09/22/2005
ステータス アーカイブ
タイプ ??????