AR# 9457

3.1i XST - XST のコマンド ライン実行方法

説明

キーワード : XST, command, line, script, prompt, コマンド, ライン, 行, スクリプト, プロンプト

重要度 : 標準

概要 :
XST のコマンド ライン実行方法

ソリューション

変数 XST_EXE と XST_HOME を次のように設定します。

XST_EXE= <path_to_ISE>\bin\nt\xst.exe
XST_HOME= <path_to_ISE>\data\HDLSynthesis\nt

Foundation ISE を使用すると、プロジェクト ディレクトリで <project_name>.xst ファイルを検索できます。 このファイルはテキスト ファイルで、XST でコマンド ラインのオプションを渡すのに使用されます。 <project_name>.xst ファイルは、HDL ソース ファイルへのパスを含む <project_name>.prj というファイルを参照します。

<project_name>.xst ファイルでコマンド ラインのオプションが正しく、<project_name>.prj ファイルでのソース パスが正しい場合、MSDOS で XST -ifn <project_name>.xst とプロンプトにと入力すると、コマンド ラインで XST を起動できます。 これで XST にデザインを合成するのに必要なファイルすべてが読み込まれます。

コマンド ラインの詳細については、http://toolbox.xilinx.com/docsan/3_1i/data/fise/xst/xst.htm に記載されている 『XST User Guide』 (英語) の第 8 章を参照してください。
AR# 9457
日付 02/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般