AR# 9468

14.x 制約 - FROM TO 制約内での EXCEPT コマンドの使用方法

説明

FROM TO TIMEGRP 内にあるいくつかのパスを除外する必要がある場合、FROM TO 制約内で EXCEPT コマンドを使用するにはどうすればよいでしょうか。

ソリューション


FROM TO 制約の場合、TIMEGRP を 2 つ作成する必要があります。1 つは デスティネーション エレメント用、もう 1 つはソース エレメント用です。FROM TO 制約の TIMEGRP からの信号を除外するには、EXCEPT コマンドを使用します。

たとえば、構文は次のようになります。
  • TIMEGRP new_srcgrp = srcgrp EXCEPT sig1;
  • TIMEGRP new_destgrp = dest_grp EXCEPT sig2;

FROM TO TIG 制約を使用する必要がある場合は、TIMESPEC 行に TIG を次のように含めます。

TIMESPEC "TS_constraintA" = FROM "new_srcgrp" TO "new_destgrp" TIG;

追加情報
AR# 9468
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略