UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9819

ザイリンクス FPGA ファミリ - 専用コンフィギュレーション ピンと JTAG ピンの駆動特性 (CCLK、DONE、TDO など)

説明

キーワード : config, pin, I/O, IO, current, strength, slew, edge, transition, rate, speed, INIT, コンフィギュレーション, ピン, 駆動電流, スルー, レート, エッジ, 遷移, スピード, 速度, 規格

専用コンフィギュレーション ピンと JTAG ピンの I/O 規格、駆動電流、スルー レートを教えてください。

ソリューション

1

Virtex-II Pro および Spartan-3 を除くすべてのデバイス ファミリで、これらのピンは 12mA の駆動力、高速スルー レート の LVTTLとして設定されています。ただし、Virtex-II の CCLK は低速スルー レートです (LVTTL12S)。

Virtex-II Pro および Spartan-3 の場合、専用コンフィギュレーション ピンは LVCMOS25、駆動電流が 12mA、スルー レートが SLOW になります。

Spartan-3E の場合、専用コンフィギュレーション ピンは LVCMOS25、駆動電流が 8mA、スルー レートが SLOW になります。

Virtex-4/Virtex-5の場合、専用コンフィギュレーション ピンは LVCMOS 12mA 高速スルー、電圧は Vcc_Config で決まります。

メモ :
1. DONE ピン (すべてのファミリで) はデフォルトでオープン ドレイン ドライバです。この場合、出力は付けられているプルアップ レジスタにより決まります。

2. すべての コンフィギュレーション/JTAG ピンが専用ではありません。コンフィギュレーション/JTAG ピンを、コンフィギュレーション後ユーザー I/O として使用する場合 (例 : /INIT をユーザー I/Oとして定義できる場合)、駆動特性を IOSTANDARD 属性により定義できます (デフォルトで LVTTL12F、Spartan-3 および Virtex-II Pro ではデフォルトで LVCMOS25)。使用するデバイスのデータシートでピンに関するセクションを参照し、専用ピンおよびユーザー I/O として使用できるピンについて確認してください。
3. I/O のビヘイビアを予測するには、常に IBIS シミュレーションが必要です。

2

Spartan-3 デバイスを 3.3V デバイスと共に含む JTAG チェーンを作成する場合は、細心の注意を払ってください。Spartan-3 の JTAG ピンを 3.3V 信号とインターフェイスさせるには、電流制限抵抗を使用する必要があります。

Spartan-3 デバイスの 3.3V トレランスの詳細は (Xilinx Answer 17102) を参照してください。

Spartan-3A の場合、電流はコンフィギュレーション バンクに適用されている VCCO 電圧で変わります。

電圧が 2.5V の場合、 電流は 8 mA です。

電圧が 3.3V の場合、高い電流は 12 から 16 mA に増加し、低い電流は 8 mA にとどまります。

この詳細は Spartan-3 ジェネレーション ユーザー ガイドに記載されています。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug332.pdf
AR# 9819
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加