UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 9838

XST - 「WARNING: Xst:766 - file_name (Line #). Generating a Black Box for component」という警告メッセージが表示される "

説明

ブラック ボックスがインスタンシエートされると、次のような警告メッセージが表示されます。

 

WARNING: Xst:766 - file_name (Line #). Generating a Black Box for component <component_name>.

ソリューション

ブラック ボックスは、HDL コードで記述せず、ネットリスト形式で記述するインスタンシエートされたコンポーネントです。 

合成ツールでは、通常ブラック ボックス (関連付けられた VHDL コードが存在しないインスタンシエート済みコンポーネント) が検出されると、このような警告メッセージが表示されます。 

 

ブラック ボックスには次のようなものがあります。

  • CORE Generator モジュール 
  • インスタンシエートされた EDIF ファイル
  • インスタンシエートされたプリミティブ

 

HDL コード以外のもので記述されているコンポーネントをインスタンシエートしている場合は、この警告メッセージに対応する必要はありません。

ブラック ボックスをインスタンシエートしたつもりのない場合、コンポーネント宣言およびインスタンシエーション文でコンポーネントが HDL コードで正しく記述されているかどうか確認してください。 


ブラック ボックスに関する警告メッセージが表示されないようにするには、JDL コードに次のものを追加します。

 

VHDL : 

architecture <architecture_name> 

 

attribute box_type : string; 

attribute box_type of <component_name> : component is "black_box"; 

 

begin 

 

Verilog : 

 //synthesis attribute box_type <module_name> "black_box"

AR# 9838
日付 09/12/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 11.5
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • ISE Design Suite - 12.4
  • ISE Design Suite - 13.1
  • ISE - 8.1i
  • ISE - 8.1i sp1
  • ISE - 8.1i sp2
  • ISE - 8.1i sp3
  • ISE - 8.2i
  • ISE - 8.2i sp1
  • ISE - 8.2i sp2
  • ISE - 8.2i sp3
  • ISE - 9.1i
  • ISE - 9.1i sp1
  • ISE - 9.1i sp2
  • ISE - 9.1i sp3
  • ISE - 9.2i
  • ISE - 9.2i sp1
  • ISE - 9.2i sp2
  • ISE - 9.2i sp3
  • ISE - 9.2i sp4
  • Less