AR# 9838

XST - 「WARNING: Xst:766 - file_name (Line #). Generating a Black Box for component」という警告メッセージが表示される "

説明

ブラック ボックスがインスタンシエートされると、次のような警告メッセージが表示されます。

 

WARNING: Xst:766 - file_name (Line #). Generating a Black Box for component <component_name>.

ソリューション

ブラック ボックスは、HDL コードで記述せず、ネットリスト形式で記述するインスタンシエートされたコンポーネントです。 

合成ツールでは、通常ブラック ボックス (関連付けられた VHDL コードが存在しないインスタンシエート済みコンポーネント) が検出されると、このような警告メッセージが表示されます。 

 

ブラック ボックスには次のようなものがあります。

  • CORE Generator モジュール 
  • インスタンシエートされた EDIF ファイル
  • インスタンシエートされたプリミティブ

 

HDL コード以外のもので記述されているコンポーネントをインスタンシエートしている場合は、この警告メッセージに対応する必要はありません。

ブラック ボックスをインスタンシエートしたつもりのない場合、コンポーネント宣言およびインスタンシエーション文でコンポーネントが HDL コードで正しく記述されているかどうか確認してください。 


ブラック ボックスに関する警告メッセージが表示されないようにするには、JDL コードに次のものを追加します。

 

VHDL : 

architecture <architecture_name> 

 

attribute box_type : string; 

attribute box_type of <component_name> : component is "black_box"; 

 

begin 

 

Verilog : 

 //synthesis attribute box_type <module_name> "black_box"

AR# 9838
日付 09/12/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略