UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9949

3.1i、Virtex-II - 乗算、除算、位相シフト出力が使用されると、CLKDLL のシミュレーションがうまくいかない

説明

キーワード : CLKDLL, functional, timing, back-annotate, back annotate, UniSim, SimPrim, simulation, multiply, divide, phase, ファンクション, タイミング, バックアノテート, シミュレーション, 乗算, 除算, 位相, フェーズ

重要度 : 標準

概要 :
Virtex-II CLKDLL の乗算、除算、位相シフトのプロパティ値の種類は異なっています。 UniSim および SimPrim では値は 16 進数ですが、MAP および NGDAnno では整数が使用されます。 このため、ファンクション シミュレーション (NGDBuild 前) またはバックアノテートしたタイミング シミュレーションのいずれかでデータが破損します。

ソリューション

この問題は、最新版の 3.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、サービス パック 6 以降に含まれます。
AR# 9949
作成日 08/31/2007
最終更新日 08/25/2003
ステータス アーカイブ
タイプ ??????