ダウンロード

Vitis コア開発キット - 2021.2  Full Product Installation

重要な情報

Vitis 統合ソフトウェア プラットフォーム 2021.2 リリースのハイライト:

  • 新しいドメイン特化型開発環境
    • Vitis ビデオ解析 SDK (SOM、U30/U50、VCK5000 ボード): 詳細>>
    • Varium C1100 ボードで Vitis ライブラリを使用する Vitis ブロックチェーン ソリューション: 詳細>>
       
  • VCK5000 プロダクション ボードと Varium C1100 カードに対応するエンド ツー エンドのフル フロー サポート
     
  • コア ツールの強化機能
    • Vitis AI エンジン コンパイラの C/C++ を使用する抽象度の高い API、プラグマの自動推論、エリア グループ制約
    • Vitis AI エンジン ツールの x86 シミュレータ機能が強化: トレース レポート、メモリ アクセス違反およびデッドロックの検出
    • Vitis HLS の使いやすさ向上、タイミングおよび QoR の機能強化、HLS API によるユーザー制御のバースト推論
    • Vitis アナライザー機能が改善 (タイムライン トレース レポートの改善、データの可視化、ストール分析)
    • Vitis XRT (AI エンジン グラフを制御するための、AI エンジンによる複数プロセスと複数スレッド サポート )
    • AI エンジンのトレース、AI エンジン アプリケーションの SW エミュレーションをサポートする Vitis IDE およびエミュレーション ツール
       
  • 新たに 39の C++ ライブラリ関数を提供 (DSP、データ分析、ビジョン、圧縮、データベース、グラフ、セキュリティなど多岐にわたる合計 1000 以上を提供)

  • Vitis Model Composer
    • 並列コンパイルにより、コンパイル/シミュレーション時間は 1/3 に削減、コンパイル時間は 1/7 に削減
    • 新しいハードウェア検証フローおよび強化協調シミュレーション

注記:

  • 統合インストーラーには、Vitis コア開発キット 2021.2 が含まれています。Vitis ライブラリ、XRT (ザイリンクス ランタイム ライブラリ)、XRM (ザイリンクス リソース マネージャー)、Vitis ターゲット プラットフォームも個別にダウンロードして入手できます。
  • Vitis コア開発キットのインストールには、ザイリンクス統合インストーラーで Vitis を選択してください。Vitis のインストールには、Vivado® Design Suite、Vitis Model Composer、Vitis HLS が含まれています。

       
             – Vivado を別途インストールする必要はありません。

ダウンロードの内容
  • Vitis Core Development Kit
ダウンロード タイプ
  • Full Product Installation
最終更新日
  • 2021/10/27
アンサー

Vitis コア開発キット アップデート 1 - 2021.2  Product Update

重要な情報

Vitis 統合ソフトウェア プラットフォーム 2021.2.1 リリースのハイライト:

  • 新しいドメイン特化型開発環境
    • SoM の Vitis ビデオ解析 SDK、U30/U50、VCK5000 ボードについて: 詳細>>
    • Varium C1100 ボードで Vitis ライブラリを使用する Vitis ブロックチェーン ソリューション: 詳細>>
       
  • VCK5000 プロダクション ボードと Varium C1100 カードに対応するエンド ツー エンドのフル フロー サポート
     
  • コア ツールの強化機能  
    • Vitis AI エンジン コンパイラの C/C++ を使用する抽象度の高い API、プラグマの自動推論、エリア グループ制約  
    • Vitis AI エンジン ツールの x86 シミュレータ機能が強化: トレース レポート、メモリ アクセス違反およびデッドロックの検出
    • Vitis HLS の使いやすさ向上、タイミングおよび QoR の機能強化、HLS API によるユーザー制御のバースト推論  
    • Vitis アナライザー機能が改善 (タイムライン トレース レポートの改善、データの可視化、ストール分析)
    • Vitis XRT (AI エンジン グラフを制御するための、AI エンジンによる複数プロセスと複数スレッド サポート )
    • AI エンジンのトレース、AI エンジン アプリケーションの SW エミュレーションをサポートする Vitis IDE およびエミュレーション ツール
       
  • 新たに 39 の C/C++ ライブラリ関数を提供 (DSP、データ分析、ビジョン、圧縮、データベース、グラフ、セキュリティなど多岐にわたる合計 1000 以上を提供)

  • Vitis Model Composer  
    • 並列コンパイルにより、コンパイル/シミュレーション時間は 1/3 に削減、コンパイル時間は 1/7 に削減
    • 新しいハードウェア検証フローおよび強化協調シミュレーション

注記:

  • 統合インストーラーには、Vitis コア開発キット 2021.2 が含まれています。Vitis ライブラリ、XRT (ザイリンクス ランタイム ライブラリ)、XRM (ザイリンクス リソース マネージャー)、Vitis ターゲット プラットフォームも個別にダウンロードして入手できます。
  • Vitis コア開発キットのインストールには、ザイリンクス統合インストーラーで Vitis を選択してください。Vitis のインストールには、Vivado® Design Suite、Vitis Model Composer、Vitis HLS が含まれています。

       
             – Vivado を別途インストールする必要はありません。

ダウンロードの内容
  • Vitis Core Development Kit
ダウンロード タイプ
  • Product Update
最終更新日
  • 2022/01/06