AR# 13213

|

UniSim、SimPrim、Simulation - CLK Feedback (CLKFB) ポートに接続せずに、DCM をシミュレートする方法(VHDL)

説明

キーワード : UniSim, SimPrim, VHDL, simulation, CLK_FEEDBACK, CLKFB, ModelSim, DCM, X_DCM, シミュレーション

CLK Feedback (CLKFB) ポートに接続せずに、DCM をシミュレートする方法について

ソリューション

CLKFB ポートに接続せずに VHDL でDCM をシミュレートするには、CLK_FEDBACK の generic を次のようにシミュレーション モデルに渡す必要があります。

component DCM
-- synopsys translate_off
generic (
DFS_FREQUENCY_MODE : string := "LOW";
CLKFX_DIVIDE : integer := 1;
CLKFX_MULTIPLY : integer := 2 ;
CLK_FEEDBACK : string := "NONE"
);
-- synopsys translate_on

port ( CLKIN : in std_logic;
CLKFB : in std_logic;
DSSEN : in std_logic;
PSINCDEC : in std_logic;
PSEN : in std_logic;
PSCLK : in std_logic;
RST : in std_logic;
CLK0 : out std_logic;
CLK90 : out std_logic;
CLK180 : out std_logic;
CLK270 : out std_logic;
CLK2X : out std_logic;
CLK2X180 : out std_logic;
CLKDV : out std_logic;
CLKFX : out std_logic;
CLKFX180 : out std_logic;
LOCKED : out std_logic;
PSDONE : out std_logic;
STATUS : out std_logic_vector(7 downto 0)
);
end component;

これを行わない場合、シミュレーション モデルは CLKFB ポートがアクティブになるのを待つため、初期状態のままになります。

Verilog では、同じような状況でもパラメータを渡す必要はありません。
AR# 13213
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed