UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 13269

5.1i iMPACT, STAPL - iMPACT から出力された STAPL ファイルが バウンダリ スキャン ツールで使用できない

説明

キーワード : SVF

重要度 : 標準

概要 :
iMPACT から出力された STAPL ファイルは、Corelis バウンダリ スキャン ツールでは使用できません。 Corelis 社のソフトウェアでは、この問題に対する 2 つの症状があります。

1. [Options] ウィンドウに ACTION が何も表示されない。
2. テストはパスするが、プログラムはスタートしない。

ソリューション

Corelis 社のツールでは、ACTION の実行には、BLANK_CHECK、PROGRAM、VERIFY といった JEDEC スタンダード仕様の名前が使用されています。 iMPACT では、XILINX_PROC が ACTION 名として使用されます。

例 :
Operation->Program = ACTION PROGRAM
Operation->Verify = ACTION VERIFY

この問題を回避するには、STAPL ファイルを手動で編集し、XILINX_PROC を PROGRAM または VERIFY などの JEDEC の STAPL ACTION 名に置き換えてください。 STAPL ファイルを変更した後に STAPL ファイルのチェックサムに問題があったことを示す警告メッセージが表示されますが、これは無視しても問題ありません。
AR# 13269
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加