UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16632

3.1 EDK OPB_UART - opb_uartlite (または uart16450/550) を STDOUT として使用している場合、printf ファンクションを使用すると予期しない文字が表示される

説明

キーワード : MicroBlaze, PowerPC, EDK, MDK, UART, lite

重要度 : 標準

概要 :
opb_uartlite (または uart16450/550) を STDOUT として使用している場合、printf ファンクションを使用するとターミナルに予期しない文字が表示されます。

ソリューション

多くの場合、これは DB9 コネクタのレイアウトに関連するボードの問題です。 ボード ベンダーの回路図を調べてください。この問題が発生するボードには FPGA に接続された RTS_n があることがあります。 この場合、FPGA が RTS_n 信号プロパティを駆動していることを確認する必要があります (フロー制御が None に設定されている場合)。

ソリューション 1 :
UCF または MHS ファイルで RTS_n 信号に値 (ボード上の RS232 デバイスの極性により異なる) を指定できます。 この方法は、OPB UART Lite および UART 16450/550 の両方で使用できます。たとえば、UART Lite では、次のように設定します。

# Define Global ports
PORT rts_n = net_gnd, DIR = OUTPUT # Memec-2vp4 board

ソリューション 2 :
OPB(PLB) UART 16450/550 の場合、RTS_n ビットをこのコアで駆動し、アプリケーション ソフトウェアで Modem Control Register の RTS ビットを設定します。

"1" -> Drives RTSN Low
"0" -> Drives RTSN High

UART Lite にはこのインターフェイス/レジスタがありません。

EDK マニュアルの「Processor IP Reference Guide」を参照し、ボード ベンダーの回路図を調べて適正な極性を決定してください。
AR# 16632
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加