AR# 17006

CPLD XC9500、CoolRunner XPLA3、CoolRunner-II - ザイリンクス CPLD の最小タイミング値について

説明

キーワード : Speed, grade, スピード, グレード

ザイリンクス CPLD の最小タイミング値を教えてください。
データ シートにはワースト ケース タイミングのみが記載されています。

ソリューション

パスの最小タイミングを求める場合は、指定した規模のデバイスに対して最大スピード グレードのデバイスを指定し、データ シートで最大スペックを参照します。 最小値は、最大値の 1/4 以上になります。


-10 スピード グレードの CoolRunner-II 384 マクロセル デバイスの Clock-to-Out パスを決定するには、次の手順に従ってください。
1. XC2C384 のデータシートを開き、Tco (Clock-to-Out) を検索します。

2. 最大スピード グレードの Tco を調べます。(この集積度では -7 が最大)
3. この値に 0.25 掛けた結果が Tco の最小値となります。

最大のスピード グレードを使用する理由は、最大スピード グレードの要件を満たすことができないタイミング パスが 1 つでもあると、そのデバイスはスピード グレードが低いとみなされてしまうためです。

その他の CPLD に関するよくある質問については、(Xilinx Answer 24167) の CPLD FAQ を参照してください。
AR# 17006
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般