AR# 17765

|

11.1 MAP - MAP の -u オプションの機能変更により、ロジック トリミングがディスエーブルにされる

説明


ISE 6.1i より、MAP の -u オプションの機能 (Project Navigator で未接続信号をトリムする) が変更されました。ISE 5.2i では、MAP で、"S" プロパティが信号に付加されているものとして、すべての信号が処理されていました。ISE 6.1i では、MAP で、"S" プロパティが信号に付加されているものとして、ドライバまたはロードのない信号のみが処理されます。



この変更のため、以前は無効になっていた最適化が行われるなど、機能上に違いが出てきました。具体的には、オフチップでなにも駆動しないようなロジックはトリムが無効になっていると最適化されてしまう可能性が高くなっています。

ソリューション


古い 5.2i のトリミング機能は次の環境変数を設定すると復元できます。



PCs

set XIL_MAP_NOCLIP_ON_ALL_SIGS_U=1



UNIX の場合

setenv XIL_MAP_NOCLIP_ON_ALL_SIGS_U 1



ISE 環境変数の設定に関する一般的な情報は、(ザイリンクス アンサーリ 11630) を参照してください。
AR# 17765
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
People Also Viewed