AR# 18078

パッケージ : ワイヤ ボンド (BG/ FG パッケージ) - ワイヤ ボンド パッケージのトレース長およびフライト タイムが提供されていない

説明

ワイヤ ボンド パッケージのトレース長およびフライト タイムが提供されていないのはなぜですか。

ソリューション

高速アプリケーションでは、ワイヤ ボンド パッケージではなくフリップ チップ パッケージを使用するのが通常のデザイン プラクティスです。基板の I/O トレース長は、特に高速アプリケーションではパフォーマンスに影響します。

これは、ダイと基板ボールの間の電流パスに起因します。フリップ チップ基板トレースの電気的遅延は、ワイヤ ボンド パッケージ ワイヤの電気的遅延よりも簡単に予測できます。

高速デザイン アプリケーションでは、これらの遅延がかなり大きくなる可能性があるので、パフォーマンス解析モデルに含める必要があります。

フリップ チップ パッケージの構造では、これらのトレースに関連する遅延が妥当な許容誤差内で予測可能です。新しいワイヤ ボンド パッケージには、関連したフライト タイムがあるものもあります。

AR# 18078
日付 07/18/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略