UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 18154

8.1i CPLDFit - 「WARNING:Cpld:310 - Cannot apply TIMESPEC TSxx From A to B」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : 7.1i, Fit, Cpld:310, AUTO_TS, timing, constraint, タイミング, 制約

CPLDFit で次のような警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Cpld:310 - Cannot apply TIMESPEC TS_2002 = FROM:spiclk_i:TO:myoutput because one of the following:
(a) a signal name was not found;
(b) a signal was removed or renamed due to optimization;
(c) there is no path between the FROM node and TO node in the TIMESPEC."

ソリューション

信号の終点およびスペルを再確認してください。

最適化した場合、インプリメント後には中間ノードが表示されない場合があります。 中間ノードは、名前が上書きされたり、他のロジックと合成されたりするため、ザイリンクスでは、クロック上のエレメントあるいはタイミング制約の終点のピンのみを使用するよう推奨しています。

また、制約を設定するパスが有効か、制約に適切かを確認してください。 たとえば、両端の終点に共通のクロックを持たないパスの終点のタイミング制約は、パスは有効ですが制約は無効です。

その他の CPLD に関するよくある質問については、(Xilinx Answer 24167) の CPLD FAQ を参照してください。
AR# 18154
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加