AR# 1837

熱データ、FPGA - プラスチックおよびセラミック パーツの絶対最大ジャンクション温度 (Tj max) について

説明

プラスチックおよびセラミック パーツの絶対最大ジャンクション温度 (Tj max) を教えてください。

デバイスを安全に実行するための Tj max 値を教えてください。

ソリューション

プラスチックおよびセラミック パーツの絶対最大ジャンクション温度 (Tj max) を教えてください。

Tj ジャンクション温度の仕様は、ザイリンクス データ ブックの絶対最大定格のセクションでほとんどのザイリンクス ファミリに対して記載されています。この絶対最大 Tj 値は、すべてのザイリンクス デバイスで一貫していて、次のようになっています。 

絶対最大ジャンクション温度 : 

セラミック パッケージに含められた従来のザイリンクス デバイス (XC3000、XC4000 シリーズ) では +150 ℃  

プラスチック パッケージに含められたすべてのザイリンクス デバイスおよびセラミック パッケージに含められた新しいデバイス ファミリでは +125 ℃

使用デバイスに特定の最大 Tj (セラミック パッケージ用の Tc) は、そのデバイス ファミリのデータシートを参照してください。

デバイスを安全に実行するための Tj 最大値はいくつですか。 

ザイリンクスでは上記で述べた温度でタイミング仕様を確約することはできません。これは、これらの温度が絶対最大定格であるためです。これらの温度で時間を延長してデバイス操作を実行すると、デザイン エラーが発生したりパーツが破損する可能性があります。

信頼性のある操作を行なうには、指定されている動作温度範囲で実行する必要があります。動作温度範囲は、コマーシャル (C) やインダストリアル (I) グレードなどパーツの温度グレードにより制限されます。温度範囲は、デバイスのデータシートの推奨動作条件のセクションに記載されています。
AR# 1837
日付 07/04/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略