UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19437

6.2i ChipScope Pro - よく寄せられる質問 (FAQ)

説明

キーワード : ChipScope, 6.2, FAQ, question, answer, general, installing, Pro, tool, Agilent, On-chip, Debug, Solutions, 質問, 回答, 一般, インストール, ツール, デバッグ, オンチップ, ソリューション


重要度 : 標準

概要 :
このアンサーには、ChipScope Pro 6.2i に関する質問と回答が記載されています。

ソリューション

ChipScope Pro ツールの購入およびインストールに関する質問

質問 : オンチップ検証およびデバッグとは何ですか。
回答 : オンチップ検証およびデバッグは、特別に設計され、FPGA デザインに配置されたロジック コアを使用してデザインを検証またはデバッグする機能です。 ChipScope Pro では、ChipScope Pro ILA (Integrated Logic Analyzer)、ChipScope Pro IBA (Integrated Bus Analyzer)、ChipScope Pro ATC (Agilent Trace Core)、および ChipScope Pro ATC2 (FPGA Dynamic Probing 用 Agilent Trace Core II) の 4 つのロジック コアが提供されます。

質問 : ChipScope Pro とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro は、オンチップ、リアルタイムでザイリンクス FPGA を検証およびデバッグするツールです。

質問 : ChipScope Pro ツールでどの FPGA デバイスがサポートされますか。
回答 : Virtex、Virtex-E、Virtex-II、Virtex-II Pro、Virtex-II Pro X、Spartan-II、Spartan-IIE、および Spartan-3 がサポートされます。

質問 : ChipScope Pro ツールはどのようにして注文できますか。
回答 : ザイリンクスの販売代理店を通して注文してください。 または、インターネットでも注文できます。

質問 : ChipScope Pro ツールのライセンスは期間限定ライセンスですか。
回答 : ChipScope Pro ツールのライセンスは、ザイリンクス標準 1 年間の期間限定ライセンスです。

質問 : ChipScope Pro ツールを購入すると、何が同梱されていますか。
回答 : ChipScope Pro の製品 ID が記された手紙と、 ChipScope Pro ツール (ChipScope Pro Core Generator および Core Inserter、ChipScope Pro Analyzer、ChipScope Pro ソフト コア (ILA、IBA、VIO、ATC)、Agilent ATC2 コア) の使用説明書が含まれています。

質問 : ChipScope Pro ツールの最新バージョンはどこから入手できますか。
回答 : 次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/ise/verification/cs_pro_get.htm

質問 : ChipScope Pro ツールの評価版はありますか。
回答 : 60 日間評価版は、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.xilinx.co.jp/ise/verification/cs_pro_get.htm

質問 : ChipScope Pro 製品 ID は、どのようにして取得できますか。
回答 : ChipScope Pro ツールを購入すると、製品 ID が付いてきます。 製品 ID を登録して、登録 ID を取得してください。


ChipScope Pro ツールの使用に関する質問

質問 : ChipScope Pro Core Generator とは何ですか。
回答 : ISE CORE Generator と同様、ChipScope Pro Core Generator を使用すると、ChipScope Pro コアのパラメータを定義でき、ユーザー デザイン内で使用される合成可能な HDL が生成されます。

質問 : ChipScope Pro Core Inserter とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro Core Inserter を使用すると、ネットリストをマージしてデザインを合成した後で ChipScope Pro コアを追加できます。

質問 : ChipScope Pro Analyzer とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro Analyzer はメイン インターフェイスです。 これを使用すると、ザイリンクス FPGA をコンフィギュレーションしたり、ChipScope Pro コアを検出したり、トリガ状態を設定および定義できます。 ChipScope Pro Analyzer は、デバッグおよび検証用に取り込まれたデータを参照したり調整できるという点で、ロジック アナライザに似ています。

質問 : ChipScope Pro でどのオペレーティング システムがサポートされますか。
回答 : ChipScope Pro Core Generator は、Windows および Solaris で動作します。 ChipScope Pro Analyzer は、Windows で動作します。 ChipScope Pro コアでは、ISE でサポートされるバージョンと同じ Windows バージョンがサポートされます。

質問 : ChipScope Pro ILA とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro ILA (Integrated Logic Analyzer) を使用すると、Virtex-II Pro FPGA デザイン内で信号およびノードを参照できます。 複数のトリガ入力、トリガ シーケンス、オプションのタイムスタンプにより、デバイスで使用可能なブロック RAM をテスト中に有効利用できます。 ILA コアは、JTAG を介して ChipScope Pro Analyzer とやり取りします。

質問 : ChipScope Pro IBA とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro IBA (Integrated Bus Analyzer) は、業界初の統合バス解析コアです。 ChipScope Pro IBA は、CoreConnect 特定のバス解析コアです。 このコアを使用すると、FPGA 内の PPC405 プロセッサと IP コンポーネント間のトランザクションおよび信号アクティビティを取り込んだり、表示できます。

質問 : ChipScope Pro IBA コアでは、IBM CoreConnect インターフェイスがサポートされますか。
回答 : はい。 ChipScope Pro CoreConnect IBA は、IBM CoreConnect インターフェイス用にあらかじめ定義されています。 2 種類の IBA コアで、オンチップ ペリフェラル バス (OPB) とプロセッサ ローカル バス (PLB) がサポートされます。 このコアを使用すると、CoreConnect インターフェイス特定のトランザクションやプロトコル違反を参照できます。

質問 : ChipScope Pro VIO とは何ですか。
回答 : ChipScope Pro VIO (Virtual Input Output) コアを使用すると、ChipScope Pro Analyzer インターフェイスを介して制御される仮想入力/出力を定義できます。


ザイリンクスおよび Agilent オンチップ デバッグ ソリューションに関する質問

質問 : Agilent 社とザイリンクスの関係について教えてください。
回答 : Agilent 社とザイリンクスの共同チームは、ザイリンクス FPGA のオンチップ デバッグ ソリューションを提供するため長年協力し合ってきました。 こうしたソリューションが、ChipScope Pro ソリューションの一部となりました。

質問 : ザイリンクス/Agilent Trace Port Analyzer の現状はどうなっていますか。
回答 : Agilent FPGA Trace Port Analyzer は 1 年前にリリースされましたが、現在ではザイリンクスからも Agilent 社からも販売されていません。 Agilent FPGA Trace Port Analyzer ソリューションの機能は改善され、Agilent FPGA Dynamic Probing という新しいテクノロジで使用できます。

質問 : Agilent Trace Port Analyzer は引き続きサポートされますか。
回答 : はい。 Agilent Trace Port Analyzer の販売は中止されましたが、ChipScope Pro ツールと Agilent 社で今後もサポートされる予定です。

質問 : Agilent FPGA Dynamic Probing とは何ですか。
回答 : Agilent FPGA Dynamic Probing を使用すると、ザイリンクス FPGA をコンフィギュレーションしたり、ChipScope Pro ATC2 コアを検出および設定したり、Agilent Logic Analyzer メインフレームの新シリーズでデータの取り込みや表示ができます。

質問 : Agilent Logic Analyzer は、何と一緒に使用できますか。
回答 : この新しいテクノロジは、Agilent 社の新しい 16900、1690、1680 Logic Analyzer メインフレームと一緒に使用できます。

質問 : Agilent FPGA Dynamic Probing ソリューションで、ChipScope Pro ツールは必要ですか。
回答 : はい。 ATC2 コアを使用する必要があります。 このコアは、ChipScope Pro Core Generator または ChipScope Pro Core Inserter を使用して挿入します。

質問 : Agilent FPGA Dynamic Probing ソリューションに関する情報はどこから入手できますか。
回答 : 製品案内およびデータシートは、次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/chipscopepro

質問 : ChipScope Pro を使用して FPGA をコンフィギュレーションできますか。
回答 : はい。 ChipScope Pro ツールを使用して、Virtex-II および Virtex-II Pro デバイスをコンフィギュレーションできます。

質問 : ChipScope Pro でどの JTAG ケーブルが使用されますか。
回答 : ザイリンクス パラレル III ケーブル、パラレル IV ケーブル、および MultiLINX ケーブルが使用されます。
AR# 19437
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加