UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 19835

Spartan-3/-3E/-3A DCM (デジタル クロック マネージャー) - ステータス ピンの詳細

説明

各ステータス ピンは何を示していますか。

ソリューション


簡単にまとめると、Spartan-3 の DCM ステータス ピンは次を表します。
  • Status <0> - 位相シフト オーバーフロー - 詳細は、(ザイリンクス アンサー 19833) を参照
  • Status <1> - CLKIN 入力の停止
  • Status <2> - CLKFX または CLKFX180 出力の停止
  • Status <3> ~ <7> - なし

Spartan-3E/-3A の DCM ステータス ピンは次を表します。
  • Status <0> - なし
  • Status <1> - CLKIN 入力の停止
  • Status <2> - CLKFX または CLKFX180 出力の停止
  • Status <3> ~ <6> - なし

ステータス <1> : クロックが失われた後、ステータス <1> ピンが High になるまでに複数サイクルのレイテンシがあります。CLKIN が予測される時間 ( 1/2 クロック サイクル) に入力されない場合、CLKIN の 1 ~ 8 サイクルの間に Status<1> が High になります。

別の立ち上がりエッジ後、DLL CLKIN の停止 (Status<1>) 信号は 1-4 CLKIN クロック サイクル内に再び Low になります。サイクル レイテンシは周波数によって異なり、クロックの周波数が高いほどレイテンシも大きくなります。DCM はクロックが再開したときにその機能を再開します。

CLKIN の停止時間が短ければ、DCM で LOCKED 信号が失われる可能性があるため、 出力クロックが有効かどうかを判断するには LOCK および Status<1> ビットを監視する必要があります。LOCKED 信号が Low になった場合は、DCM の機能を再開するためリセットします。詳細は、『Spartan-3 ジェネレーション FPGA ユーザー ガイド』を参照してください。

DCM が入力クロック信号に対してロック状態になっている場合は、次のガイドラインに従っていれば、スキュー調整回路にはほとんど影響を与えずに、CLKIN 入力クロックを一時的に停止できます。
  • クロックの停止時間は、タップ遅延を変動させるデバイスの冷却による影響を最小限にするため、100ms 以内にします。
  • クロックは Low のときに停止し、再開したときにHigh を半周期分生成する必要があります。

Status<2> : CLKFX または CLKFX180 出力を使用していて、不正な CLKIN サイクルがスキップされた場合 (または CLKIN が完全に停止した場合)、CLKFX/FX180 出力は停止し、リセットしないと回復できません。 Status<2> ステータス信号は、この状態を識別しやくすくするために追加されました。この信号がアサートされると、DCM をリセットしない限りディアサートされません。

Spartan-3、Spartan-3E、および Spartan-3A の DCM ステータス ピンの詳細は、『Spartan-3 ジェネレーション FPGA ユーザー ガイド』を参照してください。
AR# 19835
日付 01/24/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-3
  • Spartan-3 XA
  • Spartan-3A
  • More
  • Spartan-3A DSP
  • Spartan-3AN
  • Spartan-3E
  • Less
このページをブックマークに追加