UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 20196

AFX プロトタイプ ボード - iMPACT でチェーンの初期化中に無限の未知のデバイスが検出されるか、「1208: Programming failed at bit position 1」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : AFX, demo, board, prototype, prototyping, iMPACT, infinite, unknown, error, 1208, デモ, ボード, プロトタイプ, 無限, エラー

ユーザーの PROM および FPGA を含む AFX ボードを初期化すると、iMPACT で多数の未知のデバイスが検出されますが、問題なくサービス PROM および FPGA の JTAG 操作が実行されます。

ソリューション

これは、TDO がチェーンの最後のデバイスとパラレル ケーブルの間にグランド接続されていることを示しています。この問題は、DOWNSTREAM_TDO_TERM ビットが間違って設定されているとよく発生します。

ユーザーの JTAG チェーンの最後のデバイスの TDO は、DOWNSTREAM_TDO_TERM ビットの設定によって、ケーブル ヘッダかダウンストリームの JTAG コネクタに接続します。DOWNSTREAM_TDO_TERM はどの AFX ボードが使用されるかによって、ジャンパまたは DIP スイッチ ビットになります。

DOWNSTREAM_TDO_TERM ビットを 1 に設定すると、それがヘッダに接続されることにより、TDO ラインが終了されます。こうしないと、ダウンストリームの JTAG ヘッダに接続されます。
AR# 20196
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加