AR# 20947

ステッピングに関してよく寄せられる質問 (FAQ)

説明


ステッピングに関する一般的な質問

注文に関する質問

ステップの機能に関する質問

ソフトウェアに関する質問

関連情報

ソリューション

ステッピングに関する一般的な質問


シリコンのステッピングとは何ですか。どのような役割があるのですか。

シリコン ステッピングはユーザーがザイリンクス デバイスを注文するときに使用できる ID システムで、デバイス機能の改善や追加を示すものです。新しいステッピングがリリースされると、古いステッピングのデバイスは自動的に新しいものに置き換えられ、ユーザーの使用に混乱を招かないようになっています。ステッピングは通常レベル 0 から始まっています。レベルが高いほど含まれる機能が多いため、レベルの低いデバイスのデザインはレベルの高いデバイスにユーザーが手を加えることなく使用することができます。特定ステッピングの機能を必要とするデザインの場合は、そのステッピングのデバイスを注文し、ソフトウェアでそのステッピングのピットストリームをコンパイルする必要があります。デバイスには常に特定デバイスのステッピング レベルが記されています。

ザイリンクスがステッピングを提供するのはなぜですか。

ザイリンクスでは常にタイム トゥ マーケットを重視したソリューションをカスタマーに提供しています。新機能が利用可能になればすぐに新しいステッピングがリリースされるようになっています。
ステッピングのスケジュール
ステッピングのスケジュール

ステッピングの利点は何ですか。

新しいデバイスのステッピングには古いデバイスのステッピングの機能が含まれているので、改善を段階的に加えていくことができます。早期リリースで製品化が可能になり、カスタマー デザインの検証と適合検査を早期に行うことができます。

ステッピング レベルの確認方法を教えてください。

通常、デバイスのステッピング レベルはデバイスのトップマークに記載されています。ザイリンクス パーツのマークについての詳細は、(ザイリンクス アンサー 1067) を参照してください。Virtex-4 のステッピングの識別については、(ザイリンクス アンサー 21605) を参照してください。

新しいステッピングのリリースはどのように知ることができますか。

ステッピングの変更はデータシートのアップデートに反映されています。アップデートがあるとアラートで通知されます。アラート通知を受信するための登録方法については、(ザイリンクス アンサー 19380) を参照してください。

製品ファミリの各ステッピングの機能はどこで知ることができますか。

ステップ別の機能説明は、デバイスのデータシートを参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/index.htm

どのファミリでステッピングが採用されていますか。

Virtex-4 および Spartan-3E が、注文コードおよびデバイス マークにステッピングを採用した最初のデバイス ファミリです。しかし、Virtex-II および Virtex-II Pro X デバイス ファミリの一部でも ISE デザイン ツールでステッピングが使用されています。

Virtex-5 デバイスファミリでは注文コードにステッピングが使用されていますが、ISE デザイン ツールではステッピングを設定する必要はありません。

ザイリンクスでリビジョンの代わりにステッピングが使用されているのはなぜですか。

デバイスを把握するためにリビジョンを使用している企業もありますが、リビジョンは混乱を招きやすく、新しいリビジョンが出るたびに注文番号を何度も変更する必要がでてきます。また、カスタマーはリビジョンごとのエラッタを把握し、新しいリビジョンがリリースされるたびにデザインを調整しなければなりません。ステッピングでは、ステッピング間の機能の下位互換性が保持されているので、リビジョン システムに見られるような問題がありません。実際のデバイス機能は常にデバイスに記されていて、カスタマーはどのパーツを使用しているのかすぐに分かります。古いステッピングに対して作成されたビットストリームは常に新しいステッピング デバイスでも機能し、デザインを再コンパイル必要がなく、最新版がリリースされるたびにそれを使用することができます。

注文に関する質問


新しいステッピングがリリースされたら、それを注文する必要がありますか。

通常、その必要はありません。ステッピングは機能改善のマイナー リリースです。新しいステッピングの改善を必要としないアプリケーションは多いので、標準デバイスを使用しても問題がありません。しかし、こうした改善を必要とするアプリケーションの場合は、新しいステッピングのデバイスを注文してください。

標準デバイスの注文方法、特定ステッピングの注文方法を教えてください。

今の注文方法で注文してください。標準デバイスを注文するには「XCxxx-xxxC」を使用します。特定ステッピングの機能を必要とするアプリケーションの場合は、注文パーツ番号の後にステッピング レベルを記入して注文します。「XCxxx-xxxCSn」の場合「n」が必要なステッピングで、たとえば、「XCxxx-xxxCS1」の場合ステッピング レベルは 1 です。

特定ステッピングを注文しない場合、どのデバイスが出荷されますか。

ステッピングが指定されていない注文の場合、最初の製品ステッピング デバイスが出荷されます。新しいステッピングが出荷される可能性もありますが、これらの出荷デバイスは完全に互換性があって、デザインに悪影響は与えません。

SCD 注文コードとステッピングの違いは何ですか。

SCD は特注に使用されます。SCD では下位互換性は保証されていません。ステッピングでは古いステッピングとの下位互換性が保たれていて、標準デバイスと同じものを提供することを目的にしています。

ステップの機能に関する質問


デバイスのステップにエラッタはありますか。

特定のステッピングの誤りを訂正する必要がある場合は、そのステッピングに対しエラッタがリリースされます。その詳細は別のエラッタ シートとしてリリースされる場合があり、後で製品データシートに反映されます。

製造所が違うとステッピングにも違いはありますか。

製造所が異なっても機能は同じです。

ステッピング レベルが変わると JTAG IDCODE が変わりますか。

デバイスの「バージョン」用に予約されている JTAG IDCODE 箇所は、ステッピング レベルが変わると変更されます。しかし、1 つのステッピング レベルに対応する JTAG IDCODE が複数ある場合があります。

新しいステッピングの機能の使い方を教えてください。

新しいステッピングの機能の多くはハードウェア機能で、システム デザインやビットストリームを変更しなくても既に存在しています。しかし機能によってはソフトウェアを使用したカスタマイズが必要なものもあります。これは、ソフトウェアでステッピングを指定するだけで簡単に実行できます。

ソフトウェアに関する質問


ソフトウェアで特定ステッピング レベルを指定するにはどうすればよいですか。

ソフトウェアでステッピングを指定するには、UCF でステッピング制約を追加します。

UCF ファイル
...

CONFIG STEPPING="n";
...

注記 : 「n」にはターゲットのステッピング レベルを記入します (ES、SCD1、0、1、2、3...)。

ソフトウェアで常にステッピングを指定する必要はありますか。ステッピングを指定しないとどうなりますか。

常にソフトウェアでステッピングを設定することを推奨します。UCF ファイルでステッピングが指定されていない場合は、ターゲット デバイスのデフォルト ステッピングがソフトウェアで使用されます。

ソフトウェアで実際のデバイスよりも古いステッピングを指定できますか。

はい。ソフトウェアで古いステッピングを指定し、デバイスでは新しいステッピングを使用することができます。しかし、この場合、新しいステッピングに関連している新機能をソフトウェアで利用することができなくなります。

実際のデバイスよりも新しいステッピングを選択するとソフトウェアではどうなりますか。

新しいステッピング用に作成されたビットストリームで古いステッピングのデバイスをコンフィギュレーションするのは推奨しません。

フィールドで使用しているデバイスのステッピングのバージョンが複数あり、1 つのビットストリームでそれらを管理したい場合、ソフトウェアではどのステッピングを使用すればよいでしょうか。

一番小さいステッピング番号を指定し、そのステップにのみで利用可能な機能を使用してください。

関連情報


ステッピングまたは異なるシリコン ステッピングに関する情報はほかにありますか。

(製品変更通知 XCN07026) - 一部の Virtex-5 LXT および SXT FPGA デバイスのステップ 1 への移行と新しいパッケージ材質への変更

(ザイリンクス アンサー 21605) - Virtex-4 - Virtex-4 デバイス特定のシリコン ステップ情報の入手先(FAQ)
(ザイリンクス アンサー 15511) - MAP - 環境変数での CONFIG STEPPING 制約の設定について
(ザイリンクス アンサー 14359) - XST - HDL での STEPPING 属性の指定方法
(ザイリンクス アンサー 14358) - SYNPLIFY - Synplify の HDL で新しい STEPPING 属性を使用する方法
(ザイリンクス アンサー 21127) - Virtex-4 DCM - Virtex-4 DCM を NBTI の影響から保護するための DCM パラメーター
(ザイリンクス アンサー 13314) - スピードファイル/Timing Analyzer/TRCE - タイミング解析で使用される乗算器ステップ レベルの確認 (CONFIG STEPPING)
(ザイリンクス アンサー 14339) - 拡張乗算器のスピードを設定する方法 (CONFIG STEPPING 制約)
AR# 20947
日付 12/12/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略