UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 2139

CPLD XC9500 - Vcco が 3.3v の場合、入力は 5v トレラントになるか

説明

キーワード : 9500, 5, 3.3, volt, inputs, 電圧, 入力

Vcco が 3.3v の場合、入力は 5v トレラントになりますか。

ソリューション

はい、Vcco が 3.3v の場合、9500 の入力は 5v トレラントです。

9500 CPLD の内部ロジックには、Vccint の電圧レベルが適用されます。

コマーシャル デバイスの場合、Vccint は、4.75v~5.25v の範囲内になり、インダストリアル デバイスの場合、4.5v~5.5v の範囲内になります。

9500 CPLD の入力クランプ ダイオードは制御される、または Vccint に接続されます。 このため、2.0v から Vccint + 0.5V までのすべての入力電圧を、ロジック High の入力電圧を示すために使用できます。 これは、Vccio とは関係ありません。

Vccio の電圧レベルは、5v または 3.3v のどちらかになります。 Vccio は、出力電圧レベルを制御します。

Vccio が 5v の場合、VOH は約 4v になります。
Vccio が 3.3v の場合、VOH は約 3.3v になります。
AR# 2139
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般