UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 22960

LogiCORE DDS (Direct Digital Synthesis) v5.0 - [Noise Shaping] または [Phase Dithering] を選択して DDS をリセットすると出力が 0 にならない

説明

キーワード : DDS, reset, phase dithering, noise shaping, リセット

[Noise Shaping] または [Phase Dithering] を選択して DDS をリセットすると、出力が 0 になりません。これはどうしてですか。

ソリューション

これは正常な動作です。[Noise Shaping] または [Phase Dithering] を使用する場合、0 にはリセットできません。DDS がそのような仕組みだからです。データシート 『DDS v5.0』 の7 ページの図 8 を参照してください。LFSR の位相ディザリングが、アキュムレータの出力に追加されていることがわかります。これを使用して、Wave Table のアドレスが生成されています。リセットを実行すると、すべてのレジスタはリセットされますが、正しく機能しなくなるため、LFSR をすべて 0 にリセットすることはできません。このため、位相ディザリングを使用して 0 にリセットする方法はありません。

位相ディザリングを使用しない場合、または出力にテイラー展開のインプリメンテーションを使用する場合には、この問題は発生しません。

AR# 22960
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加