AR# 22966

11.1 AccelDSP Synthesis Tool - AccelDSP で使用する MATLAB バージョンを変更する方法

説明

キーワード : multiple, support, マルチ, サポート

AccelDSP で使用する MATLAB バージョンを変更する方法を教えてください。

ソリューション

MATLAB R14 SP1 以前の場合、AccelDSP では、前回使用した MATLAB バージョンが使用されます。MATLAB R14 SP2 を一度使用すると、これ以前のバージョンを使用するには、適切な MATLAB COM サーバー (AccelDSP で MATLAB に接続する方法) が使用されるようにするため、レジストリをリセットする必要があります。

詳細は、次のサイトにある The MathWorks のヘルプを参照してください。
http://www.mathworks.com/support/bugreports/details.html?rp=398525

MATLAB を COM サーバーとして登録

このプログラムを Windows で実行するには、ご使用のシステムで MATLAB を COM サーバーとして登録しておく必要があります。 この登録は、MATLAB をインストールするプロセスの一部で、インストール済みの場合には、既に完了している作業です。なんらかの理由により未登録の場合、あるいは登録が完了していない場合には、次のようなエラーが表示されます。

"Can't start MATLAB engine"

MATLAB 2006b 以前のバージョンの場合

このエラー メッセージが表示された場合は、MATLAB を手動でサーバーに登録する必要があります。登録する場合は、DOS コマンド ウィンドウで次のコマンドを入力します。

cd $MATLAB\bin\win32
matlab /regserver
または
matlab -regserver

1 行目の $MATLAB を、使用するバージョンの MATLAB のルート ディレクトリに置き換えてください。MATLAB コマンド プロンプトで matlabroot コマンドを入力すると、ルート ディレクトリが返されます。

メモ : このコマンドは、バージョン変更前の MATLAB ではなく、変更後の MATLAB で実行してください。

MATLAB 2007a 以降のバージョンの場合

MATLAB 2007a および 2007b の COM サーバーでのバグを回避するには、システム環境変数 MATLAB_RESERVE_LO を追加して、その値を 0 に設定してください。
AR# 22966
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般