UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 23146

System ACE CF - DONE は High になるが、Virtex-4 が適切にコンフィギュレーションされない

説明

キーワード : JTAG, tck, frequency, pin, 周波数, ピン

System ACE CF から Virtex-4 デバイスをプログラムすると、DONE ピンは High になりますが、デバイスが動作しません。

この問題は Virtex-4 がプログラムされた後に ACE ファイルを実行する場合にのみ発生し、SVF ファイルの JPROGRAM コマンドのタイミングに関連しています。

これが問題となる場合、電源投入されるか、または PROG ピンが手動でパルスされた後に問題なく起動されます。

ソリューション

この問題は、JPROGRAM 命令がデバイスに発行された後に必要な、時間遅延調整がないために発生します。

iMPACT で作成された SVF ファイルは周波数に依存せず、1MHz よりも速いスピードは処理しません。

FPGA の場合、SVF ファイルには JPROGRAM コマンドも含まれます。このコマンドは、JTAG ロジックからデバイスに内部で PROG パルスを発行させるためのものです。JPROG コマンドには、PROG ピンのパルスが必要なのと同じ分の遅延が必要となります。

iMPACT の SVF ファイルで、FPGA を消去するための JPROGRAM 命令は次のシーケンスで出されます。

// Loading device with a `jprogram` instruction.
SIR 10 TDI (03cb) ;
// Loading device with a `cfg_in` instruction.
SIR 10 TDI (03c5) ;
RUNTEST 100000 TCK;

この消去シーケンスを正しく発行するためには、cfg_in 命令の RUNTEST コマンドが使用されているシステム クロックと一致している必要があります。

Virtex-4 の場合、cfg_in 命令が発行された後に必要な TCK 待ちサイクルは、ワースト ケースの待ち時間 2ms を TCK クロック周波数で乗算して計算されます。

Virtex-4 の例
Tpl サイクル = (コンフィギュレーション メモリをクリアにするために必要な遅延 2 ms) x (最大クロック周波数 33 MHz) = デバイスがコンフィギュレーション メモリを完全にクリアしたことを確認するために cfg_in 命令の後に挿入するクロック サイクル数
Tpl サイクル = (2 ms) x (33 MHz) = 66,000 クロック サイクル

SVF コードで RUNTEST コマンドを編集して正しい遅延を追加します。

// Loading device with a `jprogram` instruction.
SIR 10 TDI (03cb) ;
// Loading device with a `cfg_in` instruction.
SIR 10 TDI (03c5) ;
RUNTEST 66000 TCK ;

変更手順は次のとおりです。

1. iMPACT で [Edit] -> [Preference] を選択します。
2. [File Generation Controls] で [Keep the Intermediate SVF File] を選択します。
3. iMPACT を使って System ACE CF ファイルを作成します。SVF ファイルは ファイルとともに保存されます (例 "rev.svf" および "rev.ace")
4. SVF ファイルを編集して JPROGRAM 命令の後の RUNTEST 待ち時間を変更します (上述のように)。
5. 編集した SVF ファイルから、iMPACT のバッチ モードで SVF2ACE ユーティリティを使って、新しい ACE ファイルを作成します。
5a. コマンド プロンプトから iMPACT バッチ モードを入力するには、「impact」とタイプします。
5b. iMPACT バッチ モード プロンプトで ACE ファイルを生成するには、「svf2ace -wtck -d -m 16776192 -i modified.svf -o modified.ace」と入力します。新しい ACE ファイルを生成して、iMPACT で生成された既存の ACE ファイルを置き換えます。
AR# 23146
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加