UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 23250

8.1.01 System Generator for DSP - Gateway In ブロックの動作が System Generator for DSP 7.1、8.1、および 8.1.01 で異なる

説明

キーワード : MATLAB, Matlab, Simulink, truncate, round, wrap, saturate, flag as error, 7.1, 8.1, 8.1.01, 8.2, 切り捨て, 切り上げ, ラップ, サチュレート

Gateway In ブロックの動作が System Generator for DSP 7.1、8.1、および 8.1.01 で異なります。

ソリューション

この問題は、System Generator for DSP の Gateway In ブロックのデフォルト動作が異なることが原因です。

Gateway In ブロックには次の 2 つの設定があります。

量子化 : [Truncate] または [Round (unbiased: +/- Inf)] に設定。
オーバーフロー : [Wrap]、[Saturate]、または [Flag as error] に設定。

System Generator for DSP 7.1 以前では、Gateway In ブロックのデフォルト設定は [Round (unbiased: +/- Inf)] および [Wrap] です。

System Generator for DSP 8.1 では、バック エンドでの大幅な変更により、これらのオプションは削除されており、Gateway In ブロックで設定できるのは [Truncate] と [Wrap] のみです。

System Generator for DSP 8.1.01 以降では、すべてのオプションが使用できますが、デフォルト設定は [Round (unbiased: +/- Inf)] および [Saturate] です。

この Gateway In ブロックの動作の変更により、シミュレーション結果が異なってしまう場合があります。 Gateway In ブロックの動作設定を確認してください。
AR# 23250
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加