AR# 30953

Virtex-5 GTX RocketIO - DFE クロック遅延キャリブレーション上書き

説明

GTX RocketIO Transceiver ではデジタル フィードバック イコライゼーション回路を使用できる可能性があります。

『Virtex-5 FPGA RocketIO GTX Tトランシーバー ユーザー ガイド』にまとめられているユーザー変更可能な設定が数多くありますが、この回路はオート キャリブレーション モードにしたままにしておくことができます。

https://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug196.pdf

その設定の 1 つが DFE クロック遅延で、これは DFE_CFG 属性および DFECLKDLYADJ ポートにより制御されます。

オート キャリブレーションと手動キャリブレーションを正しく切り替えるためには、次の推奨事項に従う必要があります。

ソリューション

DFE クロック遅延の手動設定と、この設定を内部的に処理できるようにするキャリブレーション回路とを切り替えるには、DFE_CFG[8] への書き込みの直後に GTX_RESET が必要です。 

もっと具体的にいうと、DFE_CFG[8] への書き込みの後に続く GTX_RESET で 1 から 0 への遷移が見られない場合は、再キャリブレーション中にリンクが分断する可能性があります。

AR# 30953
日付 06/21/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略