UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32171

Endpoint Block Plus Wrapper v1.9 for PCI Express - 完了ストリーミング モードで完了がドロップし RX インターフェイスでレシーバ オーバーフローになる

説明

キーワード: Completion Streaming, completion lost, channel switch, posted, non-posted, 完了, ストリーミング, 完了損失, チャネル スイッチ, ポステッド, ノンポステッド

既知の問題 : v1.9.2、v1.9.1、v1.9、v1.8、v1.7.1、v1.7、v1.6.1、v1.6

完了ストリーミングが使用されると、完了パケットがドロップし、レシーバ バッファ オーバーフローが発生する場合があります。

ソリューション

完了ストリーミング モードをインプリメントしているロジックで問題があって、完了ストリーム中に複数のポステッドまたはノンポステッド パケットが受信される場合、統合ブロックからこれらのパケットをドレインするために Block Plus ラッパ ロジックが効率良くチャネルをスイッチできていませんでした。このため、統合ブロックで完了が滞り、ひいてはオーバーフローになります。この状況が発生すると、cfg_dstatus[2] が 1 にアサートし、致命的エラーが発生したことを示します。また、完了も失われます。

この修正は、v1.9 Rev 3 パッチに含まれています。パッチは、(Xilinx Answer 31572) から入手できます。

改定履歴
2009/02/25 - 初版リリース
AR# 32171
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加