UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32810

11.3 System Generator for DSP - Down Sample ブロックでフレームの最初の値を使用するよう選択し、レイテンシを 0 にした場合、データのサンプリング レートが下がらない理由

説明

キーワード : SysGen, rate, output, System Generator, レート, 出力

Down Sample ブロックでフレームの最初の値を使用するよう選択し、レイテンシを 0 にした場合、データのサンプリング レートが下がりません。この理由を教えてください。

ソリューション

Down Sample ブロックでフレームの最初の値を使用するよう選択し、レイテンシを 0 にした場合、Down Sample 回路にはレジスタが含まれていないので、2 つのクロック ドメインの間に組み合わせパスが作成されます。

そのため、Down Sample ブロックの出力の信号は、新しいドメインに取り込まれるまで元のドメインのレートのままです。この信号が Simulink ブロック (ザイリンクス ブロックセット以外のブロック) に駆動されると、元のレートのままでサンプリングされます。

このように Down Sample ブロックを使用すると、予測されない結果が得られることがあるので、良いデザインとは言えません。このブロックの出力をすぐに System Generator ブロックに駆動し、新しいドメインで信号が取り込まれるようにしてください。
AR# 32810
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加