AR# 33524

11.x ChipScope Pro - IBERT - Virtex-6/Spartan-6 FPGA 用の IBERT コアを生成しようとすると CORE Generator がクラッシュする

説明

CORE Generator のインターフェイスで Virtex-6 GTX FPGA または Spartan-6 GTP FPGA の IBERT コアを生成しようと [Generate] をクリックすると、インターフェイスが閉じてコアは生成されません。この問題の回避策を教えてください。

または

既存の XCO ファイルをインポートして Virtex-6 GTX または Spartan-6 GTP 用の IBERT コアを生成すると、インプリメンテーションがしばらくの間実行されてからインターフェイスがクラッシュするか、次のようなエラー メッセージが表示されます。この問題の回避策を教えてください。

CORE Generator Error
CORE Generator Error


ソリューション

XCO インポート クラッシュ

メニュー オプションで XCO をインポートするとクラッシュします。既存の XCO ファイルを読み込んでカスタムおよび生成し直すには、プロジェクトの CGP ファイルを含むディレクトリと同じディレクトリにコピーしてから CORE Generator を開き、左下端からこのコアを選択してカスタマイズし直します。

この方法で解決しない場合は、次の環境変数を設定することも可能です。

set JAVA_TOOL_OPTIONS="-Xss16m"

環境変数の設定方法は、(Xilinx Answer 11630) を参照してください。

GUI 選択クラッシュ

有効な GT サイトを選択しない場合に GUI がクラッシュします。 インターフェイスは警告メッセージを表示せずにクラッシュします。コア生成を再実行して、「Select GTX/P and Reference Clock for Line Rate x」ページで有効な GT サイトを選択していることを確認してください。

この問題は、ChipScope Pro Analyzer 11.4 で修正される予定です。

AR# 33524
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般