AR# 34153

|

Spartan-6 FPGA MCB - ボード レイアウトを容易するための MCB ピンのスワップについて

説明

MCB と外部 SDRAM メモリ コンポーネントの間をインターフェイスする際、定義済みの MCP ピン I/O ロケーションを使用する必要があります。

MIG ツールで必要なピンに適切に LOC 制約を設定する UCF ファイルが生成されます。

ただし、ボード レイアウトを容易にするため、MCB ピンをスワップするのが望ましい場合があります。

  このアンサーでは、スワップ可能なピンと不可能なピンについて説明します。

ソリューション

可能なピン スワップ
 
  • メモリ インターフェイスでの DQ ビットのスワップ。
    スワップはデータ バイト グループ内でのみ実行できます。

  • x16 メモリ インターフェースの上位および下位バイト レーン。
    データ バイト グループ全体、対応する DQS ペア、および DM をスワップする場合にのみ可能です。

不可能なピン スワップ
 
  • 制御ピン (RAS、CAS、WE、CKE、RESET、および ODT)
     
  • アドレス ピン (BA および A) : アドレス ピンは、初期化中にモード レジスタをプログラムするのに使用されます。
    また、ビット A10 は自動プリチャージの制御に使用されます。
      これらのピンはスワップできません。
     
  • UDM と LDM は MCB 内およびメモリ インターフェイスで上位データ グループおよび下位データ グループに対応しているためスワップできません。
     
  • DQS 差動ペア (DQS と DQS_n、UDQS と UDQS_n、LDQS と LDQS_n) :
    DQS には、JEDEC で定義された、読み出し/書き込み操作に関する特定の要件があります。
    これらのペアをスワップすると、要件に違反することになります。
     
  • 上位と下位の DQS ペア (UDQS/UDQS_n と LDQS/LDQS_N) : MCB 内およびメモリ インターフェイスで上位データ グループと下位データ グループに対応しているためスワップできません。
その他のピン規則
  • RZQ および ZIO のピン情報については、(ザイリンクス アンサー 34055) を参照してください。
     
  • ターゲット メモリ デバイスのアクティブ Low のチップ セレクト (CS#) ピンは、ボードのグランドに接続する必要があります。
    MCB では 1 つのメモリ コンポーネントへの接続のみがサポートされるので、CS# 入力を制御する信号は供給されません。
    詳細は、メモリ ベンダーにお問い合わせください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 34153
日付 08/25/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
People Also Viewed