UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 34549

11.x PlanAhead - 波形ウィンドウのコンフィギュレーションを保存する方法

説明

ISE 10.1 では、信号、仕切り、およびその他の波形ウィンドウ オブジェクトを恒久的に設定できました。シミュレーションを実行するたびに、波形ウィンドウに同じオブジェクトが保持されます。ISE 11 では、シミュレータを再起動するたびに、設定がリセットされてしまいます。

ISE 11 で波形ウィンドウの変更を保存するにはどうしたらよいですか。

ソリューション

ISE 11 以降では、波形ウィンドウのコンフィギュレーションを波形コンフィギュレーション ファイル (.wcfg) に保存できます。保存したファイルは、シミュレーションの開始時またはシミュレーションのどの時点でも読み込むことができます。

波形コンフィギュレーションを波形コンフィギュレーション ファイルに保存するには、ISim で [File] -> [Save] をクリックします。

波形コンフィギュレーション ファイルを設定するには、シミュレータを起動する際に Project Navigator を使用し、[Simulate Behavioral / Post-Route Simulation Model] のプロセス プロパティを次のように設定します。

  • [Use Custom Waveform Configuration File] : オン
  • [Custom Waveform Configuration File] : .wcfg ファイルを指定

波形コンフィギュレーション ファイルの使用については、『ISim ユーザー ガイド』および ISE ヘルプを参照してください。

AR# 34549
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
このページをブックマークに追加