UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 35400

12.1 EDK - 12.1 でのデバイス ドライバーの変更点

説明

EDK ソフトウェア 12.1 でのデバイス ドライバーの変更点を教えてください。

ソリューション

EDK ソフトウェア 12.1 の新しいバージョンのドライバーは、ハードウェア抽象化レイヤーに対応して変更されています。

それに応じてドライバーの関数名から「_m」が削除されていますが、ドライバーのパラメーターは変更されていません。

たとえば、UART16550 の関数 XUartNs550_mEnableIntr は XUartNs550_EnableIntr に変更されており、すべてのパラメーターは 2 つの関数で同一です。

12.1 リリースでのドライバーの変更


 

旧ドライバー バージョン

新ドライバー バージョン

変更点

 1 

bram_v1_00_a

bram_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 2

can_v1_11_a

can_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更
  • マクロ名から「_m」を削除
  • XCan_mReadReg
  • XCan_mWriteReg
  • XCan_mIsTxDone
  • XCan_mIsTxFifoFull
  • XCan_mIsHighPriorityBufFull
  • XCan_mIsRxEmpty
  • XCan_mIsAcceptFilterBusy
  • XCan_mCreateIdValue
  • XCan_mCreateDlcValue

 3 

cpu_ppc440_v1_01_a

cpu_ppc440_v2_00_a

1) ll_dma ドライバー依存性に対する mdd のアップデート

 4

dmacentral_v1_12_a

dmacentral_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) XDmaCentral_mWriteReg() および XDmaCentral_mReadReg() から「_m」を削除

 5 

dsadc_v1_11_a

dsadc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) Xio_Out32/Xio_In32 の代わりに XDsAdc_WriteReg/XDsAdc_ReadReg を使用するようにアップデート

4) マクロ名から「_m」を削除
  • XDsAdc_mWriteReg
  • XDsAdc_mReadReg
  • XDsAdc_mIsEmpty
  • XDsAdc_mSetFstmReg
  • XDsAdc_mGetFstmReg
  • XDsAdc_mEnableConversion
  • XDsAdc_mDisableConversion
  • XDsAdc_mGetFifoOccyReg

 6

dsdac_v1_12_a

dsdac_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) Xio_Out32/Xio_In32 の代わりに XDsDac_WriteReg/XDsDac_ReadReg を使用するようにアップデート

4) マクロ名から「_m」を削除
  • XDsDac_mWriteReg
  • XDsDac_mReadReg
  • XDsDac_mIsEmpty
  • XDsDac_mFifoIsFull
  • XDsDac_mGetVacancy

 7 

emaclite_v2_01_a

emaclite_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XEmacLite_mNextTransmitAddr
  • XEmacLite_mNextReceiveAddr 
  • XEmacLite_mIsMdioConfigured 
  • XEmacLite_mIsLoopbackConfigured
  • XEmacLite_GetReceiveDataLength
  • XEmacLite_mGetTxActive
  • XEmacLite_mSetTxActive

 8

emc_v1_00_a

emc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 9 

gpio_v2_13_a

gpio_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XGpio_mWriteReg
  • XGpio_mReadReg

3) マクロを削除 (関数名に類似しているため)
  • XGpio_mSetDataDirection
  • XGpio_mGetDataReg
  • XGpio_mSetDataReg

 10

hwicap_v3_01_a

hwicap_v4_00_a

1) V6 のサポート

2) HAL API に関する変更

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XHwIcap_mFifoWrite
  • XHwIcap_mFifoRead
  • XHwIcap_mSetSizeReg
  • XHwIcap_mGetControlReg
  • XHwIcap_mStartConfig
  • XHwIcap_mStartReadBack
  • XHwIcap_mGetStatusReg
  • XHwIcap_mIsTransferDone
  • XHwIcap_mIsDeviceBusy
  • XHwIcap_mIntrGlobalEnable
  • XHwIcap_mIntrGlobalDisable
  • XHwIcap_mIntrGetStatus
  • XHwIcap_mIntrDisable
  • XHwIcap_mIntrEnable
  • XHwIcap_mIntrGetEnabled
  • XHwIcap_mIntrClear
  • XHwIcap_mGetWrFifoVacancy
  • XHwIcap_mGetRdFifoOccupancy
  • XHwIcap_mSliceX2Col
  • XHwIcap_mSliceY2Row
  • XHwIcap_mSliceXY2Slice
  • XHwIcap_mReadReg
  • XHwIcap_mWriteReg

 11

iic_v1_16_a

iic_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) すべてのレジスタ アクセスを 32 ビット アクセスに変換

3) マクロ XIIC_RESET を削除し、代わりに XIic_Reset API を使用

4) マクロ IIC_CLEAR_STATS を削除し、代わりに XIic_ClearStats API を使用

5) マクロ XIic_mEnterCriticalRegion を削除し、代わりに XIic_IntrGlobalDisable を使用

6) マクロ XIic_mExitCriticalRegion を削除し、代わりに XIic_IntrGlobalEnable を使用

7) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XIic_mClearIisr
  • XIic_mSend7BitAddress
  • XIic_mDynSend7BitAddress
  • XIic_mDynSendStartStopAddress
  • XIic_mDynSendStop
  • XIic_mSend10BitAddrByte1
  • XIic_mSend10BitAddrByte2
  • XIic_mSend7BitAddr is now
  • XIic_mDisableIntr
  • XIic_mEnableIntr
  • XIic_mClearIntr
  • XIic_mClearEnableIntr
  • XIic_mFlushRxFifo
  • XIic_mFlushTxFifo
  • XIic_mReadRecvByte 
  • XIic_mWriteSendByte
  • XIic_mSetControlRegister

8) 一貫性を持たせるために一部のマクロ名を変更
  • XIIC_GINTR_DISABLE を XIic_IntrGlobalDisable に変更
  • XIIC_GINTR_ENABLE を XIic_IntrGlobalEnable に変更
  • XIIC_IS_GINTR_ENABLED を XIic_IsIntrGlobalEnabled に変更
  • XIIC_WRITE_IISR を XIic_WriteIisr に変更
  • XIIC_READ_IISR を XIic_ReadIisr に変更
  • XIIC_WRITE_IIER を XIic_WriteIier に変更

 12

intc_v1_11_a

intc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XIntc_mMasterEnable
  • XIntc_mMasterDisable
  • XIntc_mEnableIntr
  • XIntc_mDisableIntr
  • XIntc_mAckIntr
  • XIntc_mGetIntrStatus

 13

lldma_v1_01_a

lldma_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XLlDma_mWriteReg
  • XLlDma_mReadReg
  • XLlDma_mBdClear
  • XLlDma_mBdSetStsCtrl
  • XLlDma_mBdGetStsCtrl
  • XLlDma_mBdSetLength
  • XLlDma_mBdGetLength
  • XLlDma_mBdSetId
  • XLlDma_mBdGetId
  • XLlDma_mBdSetBufAddr
  • XLlDma_mBdGetLength
  • XLlDma_mGetTxRing
  • XLlDma_mGetRxRing
  • XLlDma_mGetCr
  • XLlDma_mSetCr
  • XLlDma_mBdRingCntCalc
  • XLlDma_mBdRingMemCalc
  • XLlDma_mBdRingGetCnt
  • XLlDma_mBdRingGetFreeCnt
  • XLlDma_mBdRingSnapShotCurrBd
  • XLlDma_mBdRingNext
  • XLlDma_mBdRingPrev
  • XLlDma_mBdRingGetSr
  • XLlDma_mBdRingSetSr
  • XLlDma_mBdRingGetCr
  • XLlDma_mBdRingSetCr
  • XLlDma_mBdRingBusy
  • XLlDma_mBdRingIntEnable
  • XLlDma_mBdRingIntDisable
  • XLlDma_mBdRingIntGetEnable
  • XLlDma_mBdRingIntGetIrq
  • XLlDma_mBdRingAckIrq

 14

llfifo_v1_01_a

llfifo_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 15

lltemac_v2_00_a

lltemac_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 16

mbox_v2_00_a

mbox_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XMbox_mWriteReg
  • XMbox_mReadReg
  • XMbox_mWriteBox
  • XMbox_mReadBox
  • XMbox_mFSLReadMBox
  • XMbox_mFSLWriteMBox
  • XMbox_mFSLIsEmpty
  • XMbox_mFSLIsFul

3) マクロ名を変更
  • XMbox_mIsEmpty を XMbox_IsEmptyHw に変更
  • XMbox_mIsFull を XMbox_IsFullHw に変更

 17 

memcon_v1_00_a

memcon_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 18

mpmc_v3_01_a

mpmc_v4_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更、およびサンプルのマクロ名から「_m」を削除

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XMpmc_mReadReg
  • XMpmc_mWriteReg

 19

mutex_v2_00_a

mutex_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XMutex_mWriteReg
  • XMutex_mReadReg

 20

pcie_v3_00_a

Pci_v4_00_a



 21 

ps2_v1_01_a

ps2_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

 22

spi_v2_01_b

spi_v3_00_a


1) HAL API に関する変更

2) すべてのレジスタ アクセスを 32 ビット アクセスに変換

3) マクロ XSpi_mReset を削除し、代わりに XSpi_Reset API を使用

4) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XSpi_mIntrGlobalEnable
  • XSpi_mIntrGlobalDisable
  • XSpi_mIsIntrGlobalEnabled
  • XSpi_mIntrGetStatus
  • XSpi_mIntrClear
  • XSpi_mIntrEnable
  • XSpi_mIntrDisable 
  • XSpi_mIntrGetEnabled
  • XSpi_mSetControlReg
  • XSpi_mGetControlReg
  • XSpi_mGetStatusReg
  • XSpi_mSetSlaveSelectReg
  • XSpi_mGetSlaveSelectRegi
  • XSpi_mEnable
  • XSpi_mDisable

 23 

sysace_v1_12_a

sysace_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ XSysAce_mSetCfgAddr を削除し、代わりに XSysAce_GetControlReg および XSysAce_GetControlReg を使用

3) マクロ XSysAce_mIsCfgDone を削除し、代わりに XSysAce_GetStatusReg を使用

4) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XSysAce_mGetControlReg
  • XSysAce_mSetControlReg
  • XSysAce_mOrControlReg
  • XSysAce_mAndControlReg
  • XSysAce_mGetErrorReg
  • XSysAce_mGetStatusReg
  • XSysAce_mWaitForLock
  • XSysAce_mEnableIntr
  •  XSysAce_mDisableIntr
  •  XSysAce_mIsReadyForCmd
  •  XSysAce_mIsMpuLocked
  •  XSysAce_mIsIntrEnabled

 24 

sysmon_v3_00_a

sysmon_v4_00_a

1) HAL API に関する変更

2)   名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XSysMon_mIsEventSamplingModeSet
  • XSysMon_mIsDrpBusy
  • XSysMon_mIsDrpLocked
  • XSysMon_mRawToTemperature
  • XSysMon_mRawToVoltage
  • XSysMon_mTemperatureToRaw
  • XSysMon_mVoltageToRaw
  • XSysMon_mReadReg
  • XSysMon_mWriteReg

 25

tft_v2_00_a

tft_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2)   マクロ XTft_mSetPixel および XTft_mGetPixel を削除

 26

tmrctr_v1_11_a

tmrctr_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XTimerCtr_mReadReg
  • XTimerCtr_mWriteReg
  • XTmrCtr_mSetControlStatusReg
  • XTmrCtr_mGetControlStatusReg
  • XTmrCtr_mGetTimerCounterReg
  • XTmrCtr_mSetLoadReg
  • XTmrCtr_mGetLoadReg
  • XTmrCtr_mEnable
  • XTmrCtr_mDisable
  • XTmrCtr_mEnableIntr
  • XTmrCtr_mDisableIntr
  • XTmrCtr_mLoadTimerCounterReg
  • XTmrCtr_mHasEventOccurred

 

 27 

uartlite_v1_14_a

uartlite_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ UartLite_mClearStats を削除し、代わりに XUartLite_ClearStats 関数を使用

3) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XUartLite_mSetControlReg
  • XUartLite_mGetStatusReg
  • XUartLite_mIsReceiveEmpty
  • XUartLite_mIsTransmitFull
  • XUartLite_mIsIntrEnabled
  • XUartLite_mEnableIntr
  • XUartLite_mDisableIntr

 

 28

uartns550_v1_13_a

uartns550_v2_00_a

1) ドライバーを 32 ビット アクセスに変更

2) HAL API に関する変更

3) マクロ XUartNs550_mClearStats を削除し、代わりに XUartNs550_ClearStats 関数を使用

4) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XUartNs550_mGetLineStatusReg
  • XUartNs550_mGetLineControlReg
  • XUartNs550_mSetLineControlReg
  • XUartNs550_mEnableIntr
  • XUartNs550_mDisableIntr
  • XUartNs550_mIsReceiveData
  • XUartNs550_mIsTransmitEmpty

 

 29

usb_v2_00_a

usb_v3_00_a

1) 新しい USB エラー (XPS USB デバイスのレジスタをレポート) に関する変更

2) HAL プロセッサ API を使用するようにアップデート

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XUsb_mReadReg を XUsb_ReadReg に変更
  • XUsb_mWriteReg を XUsb_WriteReg に変更

               

 30

usbhost_v1_00_a

usbhost_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 31

wdttb_v1_11_a

wdttb_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) xwdttb_l.h ファイルで定義されている次のマクロを削除
・XWdtTb_mEnableWdt
・XWdtTb_mDisbleWdt
・XWdtTb_mRestartWdt
・XWdtTb_mGetTimebaseReg
・XWdtTb_mHasReset

3) XWdtTb_ReadReg および XWdtTb_WriteReg を追加

 

 

SW_SERVICES



 

 

 32 

xilflash_v1_03_a

xilflash_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

 

 33 

xilIsf_v1_00_a

xilIsf_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) SPI ドライバー マクロを使用するサンプルを名前変更

 

MLDS/BSP



 

 

 34

vxworks6_ 3_v1_01_a

vxworks6_ 3_v1_02_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 35

vxworks6_ 5_v1_03_a

vxworks6_ 5_v1_04_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 36

vxworks6_ 7_v1_01_a

vxworks6_ 7_v1_02_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 37

linux_2_6_v1_03_a

Linux_2_6_v1_04_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

WindRiver Linux 1.3 のサポートを廃止 (このオプションは MLD に表示されない)

 38

standalone_v2_00_a

standalone_v3_00_a

HAL API およびヘッダー ファイルを導入

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 35400
日付 09/10/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加