AR# 35400

12.1 EDK - 12.1 でのデバイス ドライバーの変更点

説明

EDK ソフトウェア 12.1 でのデバイス ドライバーの変更点を教えてください。

ソリューション

EDK ソフトウェア 12.1 の新しいバージョンのドライバーは、ハードウェア抽象化レイヤーに対応して変更されています。

それに応じてドライバーの関数名から「_m」が削除されていますが、ドライバーのパラメーターは変更されていません。

たとえば、UART16550 の関数 XUartNs550_mEnableIntr は XUartNs550_EnableIntr に変更されており、すべてのパラメーターは 2 つの関数で同一です。

12.1 リリースでのドライバーの変更


 

旧ドライバー バージョン

新ドライバー バージョン

変更点

 1 

bram_v1_00_a

bram_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 2

can_v1_11_a

can_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更
  • マクロ名から「_m」を削除
  • XCan_mReadReg
  • XCan_mWriteReg
  • XCan_mIsTxDone
  • XCan_mIsTxFifoFull
  • XCan_mIsHighPriorityBufFull
  • XCan_mIsRxEmpty
  • XCan_mIsAcceptFilterBusy
  • XCan_mCreateIdValue
  • XCan_mCreateDlcValue

 3 

cpu_ppc440_v1_01_a

cpu_ppc440_v2_00_a

1) ll_dma ドライバー依存性に対する mdd のアップデート

 4

dmacentral_v1_12_a

dmacentral_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) XDmaCentral_mWriteReg() および XDmaCentral_mReadReg() から「_m」を削除

 5 

dsadc_v1_11_a

dsadc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) Xio_Out32/Xio_In32 の代わりに XDsAdc_WriteReg/XDsAdc_ReadReg を使用するようにアップデート

4) マクロ名から「_m」を削除
  • XDsAdc_mWriteReg
  • XDsAdc_mReadReg
  • XDsAdc_mIsEmpty
  • XDsAdc_mSetFstmReg
  • XDsAdc_mGetFstmReg
  • XDsAdc_mEnableConversion
  • XDsAdc_mDisableConversion
  • XDsAdc_mGetFifoOccyReg

 6

dsdac_v1_12_a

dsdac_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) Xio_Out32/Xio_In32 の代わりに XDsDac_WriteReg/XDsDac_ReadReg を使用するようにアップデート

4) マクロ名から「_m」を削除
  • XDsDac_mWriteReg
  • XDsDac_mReadReg
  • XDsDac_mIsEmpty
  • XDsDac_mFifoIsFull
  • XDsDac_mGetVacancy

 7 

emaclite_v2_01_a

emaclite_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XEmacLite_mNextTransmitAddr
  • XEmacLite_mNextReceiveAddr 
  • XEmacLite_mIsMdioConfigured 
  • XEmacLite_mIsLoopbackConfigured
  • XEmacLite_GetReceiveDataLength
  • XEmacLite_mGetTxActive
  • XEmacLite_mSetTxActive

 8

emc_v1_00_a

emc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 9 

gpio_v2_13_a

gpio_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XGpio_mWriteReg
  • XGpio_mReadReg

3) マクロを削除 (関数名に類似しているため)
  • XGpio_mSetDataDirection
  • XGpio_mGetDataReg
  • XGpio_mSetDataReg

 10

hwicap_v3_01_a

hwicap_v4_00_a

1) V6 のサポート

2) HAL API に関する変更

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XHwIcap_mFifoWrite
  • XHwIcap_mFifoRead
  • XHwIcap_mSetSizeReg
  • XHwIcap_mGetControlReg
  • XHwIcap_mStartConfig
  • XHwIcap_mStartReadBack
  • XHwIcap_mGetStatusReg
  • XHwIcap_mIsTransferDone
  • XHwIcap_mIsDeviceBusy
  • XHwIcap_mIntrGlobalEnable
  • XHwIcap_mIntrGlobalDisable
  • XHwIcap_mIntrGetStatus
  • XHwIcap_mIntrDisable
  • XHwIcap_mIntrEnable
  • XHwIcap_mIntrGetEnabled
  • XHwIcap_mIntrClear
  • XHwIcap_mGetWrFifoVacancy
  • XHwIcap_mGetRdFifoOccupancy
  • XHwIcap_mSliceX2Col
  • XHwIcap_mSliceY2Row
  • XHwIcap_mSliceXY2Slice
  • XHwIcap_mReadReg
  • XHwIcap_mWriteReg

 11

iic_v1_16_a

iic_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) すべてのレジスタ アクセスを 32 ビット アクセスに変換

3) マクロ XIIC_RESET を削除し、代わりに XIic_Reset API を使用

4) マクロ IIC_CLEAR_STATS を削除し、代わりに XIic_ClearStats API を使用

5) マクロ XIic_mEnterCriticalRegion を削除し、代わりに XIic_IntrGlobalDisable を使用

6) マクロ XIic_mExitCriticalRegion を削除し、代わりに XIic_IntrGlobalEnable を使用

7) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XIic_mClearIisr
  • XIic_mSend7BitAddress
  • XIic_mDynSend7BitAddress
  • XIic_mDynSendStartStopAddress
  • XIic_mDynSendStop
  • XIic_mSend10BitAddrByte1
  • XIic_mSend10BitAddrByte2
  • XIic_mSend7BitAddr is now
  • XIic_mDisableIntr
  • XIic_mEnableIntr
  • XIic_mClearIntr
  • XIic_mClearEnableIntr
  • XIic_mFlushRxFifo
  • XIic_mFlushTxFifo
  • XIic_mReadRecvByte 
  • XIic_mWriteSendByte
  • XIic_mSetControlRegister

8) 一貫性を持たせるために一部のマクロ名を変更
  • XIIC_GINTR_DISABLE を XIic_IntrGlobalDisable に変更
  • XIIC_GINTR_ENABLE を XIic_IntrGlobalEnable に変更
  • XIIC_IS_GINTR_ENABLED を XIic_IsIntrGlobalEnabled に変更
  • XIIC_WRITE_IISR を XIic_WriteIisr に変更
  • XIIC_READ_IISR を XIic_ReadIisr に変更
  • XIIC_WRITE_IIER を XIic_WriteIier に変更

 12

intc_v1_11_a

intc_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XIntc_mMasterEnable
  • XIntc_mMasterDisable
  • XIntc_mEnableIntr
  • XIntc_mDisableIntr
  • XIntc_mAckIntr
  • XIntc_mGetIntrStatus

 13

lldma_v1_01_a

lldma_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XLlDma_mWriteReg
  • XLlDma_mReadReg
  • XLlDma_mBdClear
  • XLlDma_mBdSetStsCtrl
  • XLlDma_mBdGetStsCtrl
  • XLlDma_mBdSetLength
  • XLlDma_mBdGetLength
  • XLlDma_mBdSetId
  • XLlDma_mBdGetId
  • XLlDma_mBdSetBufAddr
  • XLlDma_mBdGetLength
  • XLlDma_mGetTxRing
  • XLlDma_mGetRxRing
  • XLlDma_mGetCr
  • XLlDma_mSetCr
  • XLlDma_mBdRingCntCalc
  • XLlDma_mBdRingMemCalc
  • XLlDma_mBdRingGetCnt
  • XLlDma_mBdRingGetFreeCnt
  • XLlDma_mBdRingSnapShotCurrBd
  • XLlDma_mBdRingNext
  • XLlDma_mBdRingPrev
  • XLlDma_mBdRingGetSr
  • XLlDma_mBdRingSetSr
  • XLlDma_mBdRingGetCr
  • XLlDma_mBdRingSetCr
  • XLlDma_mBdRingBusy
  • XLlDma_mBdRingIntEnable
  • XLlDma_mBdRingIntDisable
  • XLlDma_mBdRingIntGetEnable
  • XLlDma_mBdRingIntGetIrq
  • XLlDma_mBdRingAckIrq

 14

llfifo_v1_01_a

llfifo_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 15

lltemac_v2_00_a

lltemac_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 16

mbox_v2_00_a

mbox_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XMbox_mWriteReg
  • XMbox_mReadReg
  • XMbox_mWriteBox
  • XMbox_mReadBox
  • XMbox_mFSLReadMBox
  • XMbox_mFSLWriteMBox
  • XMbox_mFSLIsEmpty
  • XMbox_mFSLIsFul

3) マクロ名を変更
  • XMbox_mIsEmpty を XMbox_IsEmptyHw に変更
  • XMbox_mIsFull を XMbox_IsFullHw に変更

 17 

memcon_v1_00_a

memcon_v2_00_a

1) HAL API に関する変更 (テスト アプリ メモリに対して Tcl でのみ)

 18

mpmc_v3_01_a

mpmc_v4_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更、およびサンプルのマクロ名から「_m」を削除

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XMpmc_mReadReg
  • XMpmc_mWriteReg

 19

mutex_v2_00_a

mutex_v3_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

2) マクロ名から「_m」を削除
  • XMutex_mWriteReg
  • XMutex_mReadReg

 20

pcie_v3_00_a

Pci_v4_00_a



 21 

ps2_v1_01_a

ps2_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

 22

spi_v2_01_b

spi_v3_00_a


1) HAL API に関する変更

2) すべてのレジスタ アクセスを 32 ビット アクセスに変換

3) マクロ XSpi_mReset を削除し、代わりに XSpi_Reset API を使用

4) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XSpi_mIntrGlobalEnable
  • XSpi_mIntrGlobalDisable
  • XSpi_mIsIntrGlobalEnabled
  • XSpi_mIntrGetStatus
  • XSpi_mIntrClear
  • XSpi_mIntrEnable
  • XSpi_mIntrDisable 
  • XSpi_mIntrGetEnabled
  • XSpi_mSetControlReg
  • XSpi_mGetControlReg
  • XSpi_mGetStatusReg
  • XSpi_mSetSlaveSelectReg
  • XSpi_mGetSlaveSelectRegi
  • XSpi_mEnable
  • XSpi_mDisable

 23 

sysace_v1_12_a

sysace_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ XSysAce_mSetCfgAddr を削除し、代わりに XSysAce_GetControlReg および XSysAce_GetControlReg を使用

3) マクロ XSysAce_mIsCfgDone を削除し、代わりに XSysAce_GetStatusReg を使用

4) 名前から「_m」を削除するために一部のマクロ名を変更
  • XSysAce_mGetControlReg
  • XSysAce_mSetControlReg
  • XSysAce_mOrControlReg
  • XSysAce_mAndControlReg
  • XSysAce_mGetErrorReg
  • XSysAce_mGetStatusReg
  • XSysAce_mWaitForLock
  • XSysAce_mEnableIntr
  •  XSysAce_mDisableIntr
  •  XSysAce_mIsReadyForCmd
  •  XSysAce_mIsMpuLocked
  •  XSysAce_mIsIntrEnabled

 24 

sysmon_v3_00_a

sysmon_v4_00_a

1) HAL API に関する変更

2)   名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XSysMon_mIsEventSamplingModeSet
  • XSysMon_mIsDrpBusy
  • XSysMon_mIsDrpLocked
  • XSysMon_mRawToTemperature
  • XSysMon_mRawToVoltage
  • XSysMon_mTemperatureToRaw
  • XSysMon_mVoltageToRaw
  • XSysMon_mReadReg
  • XSysMon_mWriteReg

 25

tft_v2_00_a

tft_v3_00_a

1) HAL API に関する変更

2)   マクロ XTft_mSetPixel および XTft_mGetPixel を削除

 26

tmrctr_v1_11_a

tmrctr_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) サンプルのコーディング ガイドラインに対する変更

3) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XTimerCtr_mReadReg
  • XTimerCtr_mWriteReg
  • XTmrCtr_mSetControlStatusReg
  • XTmrCtr_mGetControlStatusReg
  • XTmrCtr_mGetTimerCounterReg
  • XTmrCtr_mSetLoadReg
  • XTmrCtr_mGetLoadReg
  • XTmrCtr_mEnable
  • XTmrCtr_mDisable
  • XTmrCtr_mEnableIntr
  • XTmrCtr_mDisableIntr
  • XTmrCtr_mLoadTimerCounterReg
  • XTmrCtr_mHasEventOccurred

 

 27 

uartlite_v1_14_a

uartlite_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) マクロ UartLite_mClearStats を削除し、代わりに XUartLite_ClearStats 関数を使用

3) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XUartLite_mSetControlReg
  • XUartLite_mGetStatusReg
  • XUartLite_mIsReceiveEmpty
  • XUartLite_mIsTransmitFull
  • XUartLite_mIsIntrEnabled
  • XUartLite_mEnableIntr
  • XUartLite_mDisableIntr

 

 28

uartns550_v1_13_a

uartns550_v2_00_a

1) ドライバーを 32 ビット アクセスに変更

2) HAL API に関する変更

3) マクロ XUartNs550_mClearStats を削除し、代わりに XUartNs550_ClearStats 関数を使用

4) 名前から「_m」を削除するためにマクロ名を変更
  • XUartNs550_mGetLineStatusReg
  • XUartNs550_mGetLineControlReg
  • XUartNs550_mSetLineControlReg
  • XUartNs550_mEnableIntr
  • XUartNs550_mDisableIntr
  • XUartNs550_mIsReceiveData
  • XUartNs550_mIsTransmitEmpty

 

 29

usb_v2_00_a

usb_v3_00_a

1) 新しい USB エラー (XPS USB デバイスのレジスタをレポート) に関する変更

2) HAL プロセッサ API を使用するようにアップデート

3) マクロ名から「_m」を削除
  • XUsb_mReadReg を XUsb_ReadReg に変更
  • XUsb_mWriteReg を XUsb_WriteReg に変更

               

 30

usbhost_v1_00_a

usbhost_v2_00_a

1) HAL API およびヘッダー ファイルに関する変更

 31

wdttb_v1_11_a

wdttb_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) xwdttb_l.h ファイルで定義されている次のマクロを削除
・XWdtTb_mEnableWdt
・XWdtTb_mDisbleWdt
・XWdtTb_mRestartWdt
・XWdtTb_mGetTimebaseReg
・XWdtTb_mHasReset

3) XWdtTb_ReadReg および XWdtTb_WriteReg を追加

 

 

SW_SERVICES



 

 

 32 

xilflash_v1_03_a

xilflash_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

 

 33 

xilIsf_v1_00_a

xilIsf_v2_00_a

1) HAL API に関する変更

2) SPI ドライバー マクロを使用するサンプルを名前変更

 

MLDS/BSP



 

 

 34

vxworks6_ 3_v1_01_a

vxworks6_ 3_v1_02_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 35

vxworks6_ 5_v1_03_a

vxworks6_ 5_v1_04_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 36

vxworks6_ 7_v1_01_a

vxworks6_ 7_v1_02_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

 37

linux_2_6_v1_03_a

Linux_2_6_v1_04_a

_m マクロ名を変更し、これらのマクロの一部を削除するために、新しいバージョンのアダプターをリリース

WindRiver Linux 1.3 のサポートを廃止 (このオプションは MLD に表示されない)

 38

standalone_v2_00_a

standalone_v3_00_a

HAL API およびヘッダー ファイルを導入

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 35400
日付 09/10/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール