AR# 35454

12.1 EDK - XMD から複数のプログラミング ケーブルへの接続方法

説明

XMD から複数のプログラミング ケーブルに接続することはできますか。

ソリューション

XMD で複数のプログラミング ケーブルに接続するには、各ケーブルを個々に識別する必要があります。
XMD%connect< target > -cable type < cable_type > port < port_number >

例 :
XMD% connect mb mdm -cable type xilinx_platformusb port usb21

各ケーブルにはそれぞれ電子シリアル番号 (ESN) があり、それを使用してそれぞれのケーブルへの接続を確認することができます。XMD の ESN コマンドの詳細は、『エンベデッド システム ツール リファレンス マニュアル』の「Xilinx Microprocessor Debugger (XMD)」の章を参照してください。

メモ :

  1. FPGA の JTAG インターフェイスは共有されているので、FPGA 内の MicroBlaze プロセッサが 1 回につき 1 つずつデバッグされます。PowerPC の場合、個々のプロセッサの JTAG ピンが異なるピンに接続されていれば、複数の XMD セッションを実行することができます。
  2. 上記の connect コマンドでは、自動検出を避けるにはポート番号の前にケーブル タイプを指定する必要があります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 35454
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール 詳細 概略
Boards & Kits