AR# 3579

CPLD 9500/XL/XV CoolRunner-II/XPLA3 - JEDEC ファイルのチェックサムと解読方法

説明

キーワード : programming, プログラム, チェックサム

重要度 : 標準

概要 :
JEDEC ファイルのチェックサムとその解読方法について教えてください。

ソリューション

^BQF186624* <-- デバイスの FUSE 数
QP352* <-- パッケージ ピン数
QV0* <-- テスト ベクタの最大数
F0* <-- デフォルトの FUSE ステータス
X0* <-- デフォルトのテスト条件
J0 0* <-- デバイス ID
N DEVICE XC95216-15-BG352 * <-- コメント フィールド
N PPMAP 232 A1 * <-- コメント フィールド
N PPMAP 209 A10 * <-- コメント フィールド
L0000000 00000011 00000011 00000011 00000011 00000011*^M <-- FUSE リスト (データ)
L0000040 00000011 00000011 00000011 00000011 000000*^M <-- FUSE リスト (データ)
L0000078 000000 000000 000000 000000 000000*^M <-- FUSE リスト (データ)
L0186588 01111111 0111111 0111111 1111111 1111111*^M <-- FUSE リスト (データ)
C3012*^M <-- FUSE チェックサム (3012)
UH0000C95A <-- この行は [Auto Checksum Insertion] がオンの場合のみ表示
^CF28D^M <-- '^C' ETX (ASCII 03) 転送終了 'F28D' ファイルのチェックサム



メモ : XC9500 ファミリの場合、USERCODE は、JEDEC ファイル内の数か所に記述され、ファイル内で読み取ることはできません。 CoolRunner の場合、USERCODE はプログラム ツールを使用してプログラムされるので、JEDEC ファイルには埋め込まれていません。
AR# 3579
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般