AR# 36742

12.x XPA - 信号レートとトグル レート

説明


XPA では、信号レートおよびトグル レートはいくらですか。

信号レートがクロック周波数と一致しないのはなぜですか。

ソリューション


信号レートは、エレメントの秒ごとの遷移数 (百万単位) (2 X MHz) です。立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジの同期エレメントを使用するデザインでは、最大値は入力クロック周波数の 1/2 です。クロックが 100MHz (毎秒 200 百万遷移 (Mtps)) でデータがクロック サイクルに 1 回しか変化しない場合、信号レートは 100Mtps です。同期エレメントが各クロック エッジで変化する場合は、最大値は入力クロック周波数と同じです。クロックが 100MHz (200Mtps) でデータが各クロック サイクルで立ち上がりクロック エッジの前に一回、立ち下がりエッジの前に 1 回変化する場合、信号レートは 200Mtps です。

トグル レートは、入力に対してネットまたはロジック エレメントが切り替わるレートです。トグル レートはパーセントで表され、入力またはクロック入力に対して出力が変化する割り合いを示します。立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジの同期エレメントを使用するデザインでは、最大値は 100% です。トグル レートが 100% である場合、各クロック サイクルごとに出力が 1 回トグルすることを表しており、有効出力信号周波数はクロック周波数の 1/2 となります。両方のクロック エッジを使用する同期エレメントでは、最大値は 200% です。トグル レートが 200% である場合、各クロック サイクルごとに出力が 2 回トグルすることを表しており、有効出力信号周波数はクロック周波数と同じになります。通常は、同期エレメントの入力はすべてのクロック エッジではトグルしないので、この値は 12.5% ~ 25% の範囲です。
AR# 36742
日付 01/21/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略