AR# 38293

ライセンス - ザイリンクス デザイン ツールおよび LogiCORE IP 製品の認証ベースのノードロック ライセンスをセットアップする方法

説明

ザイリンクス デザイン ツールおよび LogiCORE IP 製品の認証ベースのノードロック ライセンスをセットアップする方法を教えてください。

ノードロック ライセンス ファイルはどのディレクトリに保存しますか。

ソリューション

XILINXD_LICENSE_FILE であらかじめ定義されているロケーションと、LM_LICENSE_FILE 環境変数で定義されているロケーションに基づいて、ライセンス ファイルは検索されます。 

ザイリンクス アプリケーションで使用されるロケーションの一覧と検索順序は、(ザイリンクス アンサー 42507) を参照してください。

LogiCORE IP コアのライセンスの場合のロケーションの一覧と検索順序に若干違いがあります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 42508) を参照してください。

ライセンス ファイルの生成後、xilinx.notifications@entitlenow.com からメールが送信されます。このメールに生成されたライセンス ファイルが含まれています。

ライセンス ファイルはあらかじめ定義されているロケーションに保存します。または、別のディレクトリを選択して、そのディレクトリを XILINXD_LICENSE_FILE または LM_LICENSE_FILE 環境変数でポイントするように設定します。

ライセンス ファイルが自動的に保存されるようするには、次の手順に従ってください。

  1. メールに添付されたライセンス ファイルをローカル システムのテンポラリーのディレクトリに保存します。
  2. 起動していない場合は、Xilinx License Configuration Manager (XLCM) または Vivado License Manager (VLM) を立ち上げて [Manage Xilinx Licenses] タブに切り替える、または License Screen (VLM) をロードします。
  3. ページの上部にある [Copy License...] をクリックします。
  4. Xilinx.lic ファイルを参照して、[Open] をクリックします。
    これで、Windows の場合は %HOMEDRIVE%\.Xilinx (通常 C:\.Xilinx)、Linux の場合は $HOME/.Xilinx にライセンスがコピーされます。ここでザイリンクス ツールにより自動的にファイルが検索されます。
  5. [Copy License] での操作に続いて、VLM の [View License Status] 画面にある XLCM の [Manage Xilinx Licenses] タブの表がライセンス ファイルのライセンス情報で更新されます。 
  6. [Close] をクリックして Xilinx License Configuration Manager/Vivado License Manager を終了します。

LM_LICENSE_FILE または XILINXD_LICENSE_FILE を、複数のロケーションをポイントするように設定するには、パスを次のように区切ります。

  • Windows の場合は、セミコロン「;」を使用してサーバーまたはライセンス ファイルを区切ります。
    例 :
    XILINXD_LICENSE_FILE = F:\flex_licenses\groupA;C:\Xilinx\license.lic
     
  • Linux の場合は、コロン「:」を使用して、サーバーまたはライセンス ファイルを区切ります。
    例 :
    XILINXD_LICENSE_FILE = /home/groupA/flex_licenses:/home/name/license.lic

変数はライセンス、またはライセンスが保存されているディレクトリをポイントすることができます。 

環境変数の設定方法は、(ザイリンクス アンサー 11630) を参照してください。

AR# 38293
日付 10/22/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール