AR# 38368

Spartan-6 FPGA MCB - MIG v3.4 を v3.5 に移行すると RZQ と ZIO ピンが入れ替わっている

説明

MIG v3.5 以降では、RZQ と ZIO ピンのデフォルトの位置が以前のバージョンと入れ替わっています。

ピンの位置を MIG v3.4 のものに戻したり、ほかのピンの LOC オプションを変更すると、MIG で「The selected design's timing has not been verified with non-default RZQ/ZIO locations」 (日本語訳 : 選択したデザインのタイミングは、デフォルト以外の RZQ/ZIO 位置では検証されていません) という警告メッセージが表示されます。

タイミングが満たされることを確実にするには、何が必要ですか。

ソリューション

すべてのバージョンからのピンの位置は、MIG の RZQ および ZIO ピンの要件を満たしています。

MIG v3.5 以降では、タイミング マージンおよび SI シミュレーションにおいて結果を向上するためにピンの推奨が示されます。

新しいピン位置を使用することをお勧めします。

ただし、タイミングが満たされ、RZQ および ZIO ピンの要件が満たされていれば、ピンを移動できます。

改訂履歴
2014/09/04 - 初版

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34055 MIG 、Spartan-6 FPGA MCB - RZQ および ZIO ピンの要件 N/A N/A
AR# 38368
日付 09/04/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP