AR# 40086

ライセンス - ライセンス アカウントに WebPack ライセンスがない

説明


マイナー リリースの ISE (11.3、12.4 など) をダウンロードしたと、Xilinx License Configuration Manager (XLCM) を使用して関連 WebPACK ライセンスをダウンロードしようとしました。



またはザイリンクス ライセンス生成ページ http://japan.xilinx.com/getlicense でそのライセンスを入手しようとしました。

しかし、ライセンス作成のタブに WebPack のオプションがありません。


ソリューション


これは、既に WebPACK ライセンスが生成されているのが原因ではないかと思われます。各メジャー リリースで WebPACK ライセンスは 1 つしか許諾されません。WebPACK ライセンスのバージョン制限は、メジャー バージョン リリース (11.1、12.1 など) から 1 年に設定されていて、その後に続くマイナー リリースはバージョン制限と同じ期限内でリリースされるのでこれもサポートされています。

WebPACK ライセンスが既に生成されているかどうかを確認するには、[Manage Licenses] タブを確認します。バージョン制限が使用しているソフトウェア バージョンに対し有効であれば、このライセンスはまがダウンロードすることができます。

バージョン制限の期限が過ぎている場合は、作成されている WebPACK ライセンスを xilinx.com のライセンス生成エリアにある [Manage License] タブから削除します。

その後、[Create New License] タブに戻ると、WebPACK ライセンスのオプションが表示されているはずです。

この新しい WebPACK ライセンスを生成すると、現在のリリースに対し使用できます。

毎年、新しい WebPACK のオプションで各ザイリンクスのライセンス アカウントは更新され、現在のバージョンに対しライセンスを生成できるようになっています。




AR# 40086
日付 02/28/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール