AR# 41169

|

MIG 7 シリーズ ソリューション センター - デザイン アシスタント - DDR3 SDRAM - 効率および有効なバンド幅の計算

説明

SDRAM のパフォーマンスを全体的に計算するには、ピーク バンド幅と効率を考慮する必要があります。ピーク近くのバンド幅は読み出しまたは書き込みのバースト中にのみ発生します。オーバーヘッドは、有効データ レートを低下させる DRAM データ バスに常にあります。DRAM データ バスのオーバーヘッドの例は次のとおりです。
  • 新しいバンク/行のアクティブ時間
  • 同じバンク内の行を変更するためのプリチャージ時間
  • 読み出しアクセスに変更するための書き込み回復時間
  • 読み出しから書き込みへ変更するためのバス転換時間
  • リフレッシュ時間
  • ZA キャリブレーション時間 (DDR3 のみ)
オーバーヘッドの量はトラフィック パターンによって大きく異なります。コマンドおよびアドレス パターンの両方を分析することが重要です。コマンド パターンの場合、読み出しは読み出しで、書き込みは書き込みでまとめると、オーバーヘッドが最も少なくなります。書き込みと読み出しを交互にリクエストすると (W-R-W-R)、書き込み回復時間およびバス転換時間があるので、オーバーヘッドが大きくなります。同様に、アドレス パターンもオーバーヘッドに大きく影響します。1 行に対するシーケンシャル バーストはオーバーヘッドがないか、ほとんどありません。しかし、ランダム アドレス パターンは、アクティベートおよびプリチャージ時間があるためオーバーヘッドが高くなります。このため、効率を計算するためにはターゲット トラフィック パターンをシミュレーションする必要があります。

オーバーヘッドを全体的な SDRAM パフォーマンスに含めるには、効率および有効なバンド幅の計算に次のものを使用する必要があります。
  • 効率 (%) = データ転送クロック サイクル数 / 合計クロック サイクル
  • 有効バンド幅 = ピーク バンド幅 * 効率

注記 : 書き込みと読み出しで別々の効率を設定する場合もあります。効率レートは書き込みと読み出しで別々に計算することができます。

注記 : このアンサーは、ザイリンクス MIG ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。ザイリンクス MIG ソリューション センターは、MIG に関する質問を解決するのに役立つ情報を掲載しています。MIG を含むデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


効率を計算するには、MIG デザインのユーザー インターフェイスを駆動するトラフィック パターンでシミュレーションを実行し、DDR バスでデータを伝送するクロック サイクル数およびクロック サイクル合計数をカウントします。
  1. init_calib_complete がアサートするまで待機します。
  2. ターゲット トラフィック パターンに関連付けられている最初のアクティベート コマンドを確認します。
  3. CK クロック サイクルのカウントを開始します (cycle_count)。
  4. 読み出し/書き込みデータが伝送されている CK クロック サイクルを別々にカウントします (command_count)。
  5. 上記の計算式を使用して効率および有効バンド幅を計算するためシミュレーションで検出された数を使用します (効率 = command_count/cycle_count)。

再順序付けコントローラーの情報および、トラフィック パターンで効率を改善できる可能性のある変更については、(ザイリンクス アンサー 36719) を参照してください。

その他の情報
(ザイリンクス アンサー 41054) 7 シリーズ MIG DDR3 SDRAM - メモリ コントローラーがオートプリチャージ リクエスト付きの読み出し/書き込みを PHY へ送信する方法


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34243 ザイリンクス メモリ インターフェイス ソリューション センター N/A N/A
51705 MIG 7 Series ソリューション センター - デザイン アシスタント - パフォーマンス N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
41054 MIG 7 Series DDR3/DDR2 - メモリ コントローラーが自動プリチャージ リクエスト付きの読み出し/書き込みを PHY へ送信する方法 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 41169
日付 03/04/2013
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
デバイス
IP
People Also Viewed